COD WARZONEのType11のカスタムについて

  初心者オススメ度:★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★☆☆☆

 COD WARZONE(ウォーゾーン)のType11は火力が低いライトマシンガン(LMG)だ。
性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のType11目次

Type11の性能
Type11のおすすめカスタム

COD VのType11考察
目次にもどる

Type11の性能

 Type11の小口径弾は他の弾と比較してキルタイムはわずかに速い。ただ射程の低下を考えるとあまりおすすめできない。ダメージ増加弾はキルタイムが通常弾とほとんど変わらずデメリットが大きいので却下。よって通常弾前提で考察していく。

 Type11のレートは約750RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約35m以内)は以下の通り。

耐久300の敵
全て胸・腹約0.88秒(12発)
手足7発+胸・腹約0.96秒(13発)
頭1発+手足4発+残り胸・腹約0.8秒(11発)

 Type11は耐久300(体力150+アーマー3枚)の敵に対し、全て胸・腹に当ててもキルタイムが遅い。
手足によほど当てない限り、これ以上キルタイムが落ちることはないが、火力は低いと言わざるを得ない。
手足4発以内にとどめつつ頭に1発当ててキルタイム短縮しても平凡な火力である。

 約35mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久300の敵
全て胸・腹約0.96秒(13発)
手足7発+胸・腹約1.04秒(14発)
頭1発+手足4発+残り胸・腹約0.88秒(12発)

 威力減衰すると基本的にキルに必要な弾数が1発増える。元のキルタイムが遅いためにこの距離では更に火力不足に。この距離ではあまり戦わないほうがいい。

 反動は左上方向で反動の大きさは普通。反動軽減アタッチメントをつけた上でしっかり右下に銃身を下げつつ撃てば中距離以遠の敵も十分狙うことができる。
 エイム速度はライトマシンガン(LMG)の中では普通。とはいえ、他武器種と比べると取り回しは劣る。
 マガジン弾数は30発とライトマシンガン(LMG)としては少ない。そしてリロードも約4.5秒と長め。マガジン系アタッチメントで強化してやる必要性が高い。
Type11はとにかく火力が低く全距離で撃ち負けやすい。継戦能力も素では不足している。弱武器と言わざるを得ない。

目次にもどる

Type11おすすめカスタム

 ガンスミスでのおすすめType11カスタムを紹介していく。

MXサイレンサー(マズル枠)
長所…消音
   垂直反動制御
   水平反動制御
短所…エイム速度

なし(バレル枠)

サタン1.35レンズ(サイト枠)
長所…1.35倍
   ミニチェアレンズスコープ
   精密照準
短所…なし

ストックなし(ストック枠)
長所…移動速度
   エイム速度
   ダッシュ後射撃速度
   エイム時移動速度
短所…命中率
   反動制御
   エイム時移動安定性

M1941ハンドストップ(アンダーバレル枠)
長所…反動制御
   命中率
短所…腰撃ち命中率

6.5サクラ式90ラウンドドラム(マガジン枠)
長所…マガジン弾数
短所…エイム速度
   リロード速度
   移動速度

長尺弾(弾薬枠)
長所…弾丸速度
短所…なし

ポリマーグリップ(リアグリップ枠)
長所…ひるみ耐性
   連射中の命中率と反動
短所…なし

スライハンド(PERK1枠)
長所…リロード速度
短所…なし

フルロード(PERK2枠)
長所…開始時の弾薬最大
短所…なし

 6.5サクラ式90ラウンドドラムをつけ弱点である継戦能力を強化。
他のアタッチメントで反動抑制やエイム速度・移動速度強化、消音などを行っている。
LMGにしては取り回しもいいが、エイム速度は過信できない。エイム時移動速度も上げているので、エイムしたまま移動して撃つ立ち回りをしっかりしたい。消音と高い継戦能力の組み合わせにより、奇襲が成功すれば複数人撃破も可能。正面からの撃ち合いは厳しいので裏取りを心掛けよう。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。

COD VのType11考察

COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)のライトマシンガン(LMG)まとめへ戻る。

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!