COD WARZONEのKSP 45の性能とカスタム

  初心者オススメ度:★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★★☆☆

 COD WARZONE(ウォーゾーン)のKSP 45は3点バーストのサブマシンガン(SMG)だ。
性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のKSP 45目次

KSP 45の性能
KSP 45おすすめカスタム

COD BOCWのKSP 45考察
目次にもどる

KSP 45の性能

 KSP 45のレートは約722RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約13m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹か手足約0.16秒(3発)約0.69秒(7発)
頭1発+残り胸・腹・手足約0.08秒(2発)約0.51秒(6発)

 キルタイムは耐久100の敵に対しては速い。ただ、3点バーストであるため、3発撃った後、次弾を撃つのに約0.18秒かかってしまう。よって、2トリガー全て当てても倒せない耐久250の敵に対しては圧倒的に遅いキルタイムとなってしまう。
 1回ヘッドショットすれば耐久100の敵を2発キル、耐久250の敵を6発キル(2トリガーキル)でき、大幅にキルタイムが短縮される。

 よって積極的にヘッドショットを狙っていきたい武器と言える。

 約13mを超えると威力減衰が発生する。約13m以上でのキルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹か手足約0.16秒(3発)約0.77秒(8発)
頭1発+残り胸・腹・手足約0.16秒(3発)約0.69秒(7発)
 この距離ではキルタイムが落ちる。
 とはいえ、アプデで手足のダメージ低下がなくなったのでキルタイムは安定するようになった。
 頭に1発当てられるなら、この距離でもある程度は戦える。

 反動は左上方向。反動の大きさは低反動。ただし、3点バーストであるため、1発の外しがキルタイムの大幅悪化を生む可能性もある武器なので、アタッチメントで軽減しておきたい。
 エイム速度はサブマシンガン(SMG)の中では標準的。アタッチメントで更に強化してやれば、遭遇戦でも強くなる。
 マガジン弾数30発・リロード時間は2.4秒と標準的。高威力でキルに必要な弾数が少なめなので、継戦能力はそこそこある。
 KSP 45はヘッドショット倍率が7月15日アプデで変更されたが特にキルタイムには関係ない。ヘッドショットしなければ速いキルタイムが出せない。特に初心者にはおすすめできない。

アップデート
2021年7月15日のアプデで以下のように性能が変更
・ヘッドショット倍率を1.62→1.57に低下。

 2021年6月17日のアプデで以下のように性能が変更。

・最大ダメージ距離を16.6%上昇。

・手足のダメージ倍率を0.9→1に強化。

目次にもどる

KSP 45おすすめカスタム

 KSP 45をロードアウトドロップマーカーで呼び出す場合のおすすめカスタムについて紹介していく。

エージェンシーサプレッサー(マズル枠)
長所…消音効果
   垂直反動制御が上昇
   弾丸速度が上昇
   有効射程距離が上昇。
短所…エイム速度が低下
   エイム安定性が低下

10.2ライフル(バレル枠)
長所…有効射程距離が上昇
短所…ダッシュ時の移動速度が低下

マイクロフレックスLED(サイト枠)
 Phantom USA製のリフレックスサイト。
1.25倍率のズームと薄型フレームを備える。

フロントグリップ(アンダーバレル枠)
長所…水平反動制御を上昇
短所…なし

サーペントラップ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度が上昇
短所…ダッシュ後射撃速度が低下

考察
 耐久250の敵に対し、ヘッドショットでの2トリガーキルを狙う想定でガンスミスを組んだKSP 45カスタム。
精密射撃を行うために視認性に優れたマイクロフレックスLEDを装着。
 10.2ライフルで射程を伸ばし、エージェンシーサプレッサーで上反動軽減、フロントグリップで横反動を軽減している。よって胸の上当たりを狙っていけば1発くらいはヘッドショットが出ることが多い。
 サーペントラップでエイム速度も強化しており、ある程度遭遇戦にも対応できる。
 ヘッドショットができるなら、近距離戦で活躍できるかもしれないカスタムになっている。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)のサブマシンガン(SMG)まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。

COD BOCWのKSP 45考察へ

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!