COD WARZONEのAK47の性能とカスタムについて


 COD WARZONE(ウォーゾーン)のAK47はCOD MW版とCOD BOCW版の2つが存在する。
性能やおすすめカスタムについて紹介していく。

COD WARZONE(ウォーゾーン)のAK47目次

AK47(MW版)の性能
AK47(MW版)おすすめカスタム

AK47(MW版)5.45×39mmの性能
AK47(MW版)5.45×39mmおすすめカスタム

AK47(BOCW版)の性能
AK47(BOCW版)のおすすめカスタム

COD BOCWのAK47考察
目次にもどる

AK47(MW版)の性能

  初心者オススメ度:★☆☆☆☆
中級者以上オススメ度:★★☆☆☆

 AK47(MW版)のレートは約560RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約28m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.21秒(3発)約0.75秒(8発)
頭1発か胸2発+残り腹か手足約0.21秒(3発)約0.64秒(7発)

 AK47は高威力だが低レートで、全て腹・足に当てた場合のキルタイムは遅い。胸以上高威力の特性を持ち、耐久250(体力100+アーマー3枚)の敵に対しては頭1発か胸に2発当てればキルに必要な弾数を減らせるが、それでもキルタイムは平均レベル。胸以上に弾を当てられるかどうが非常に重要となる武器だ。


 約28mを超えると威力減衰が発生する。約28m以降のキルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.32秒(4発)約0.75秒(8発)
頭1発+胸3発+腹か手足約0.21秒(3発)約0.64秒(7発)
 威力減衰しても、耐久250の敵に腹と手足のみに当てた場合のキルタイムには変化がない。ただ、キルタイム短縮の難易度は大きく増している。

 反動はほぼ上方向で左右にも反動があるがそれほど大きくない。だが上反動は大きく、銃身を下げての反動制御が重要となる。
 エイム速度はアサルトライフル(AR)の中では標準的。それほど速くないので、遭遇戦には注意が必要だ。
 マガジン弾数は30発・リロード時間は約2.6秒と平均的。高威力低レートで撃てる時間も長いので、継戦能力は高め。
 AK47は胸以上に当てられるかどうかで強さが大きく変わる。部位を狙う余裕がない初心者にはおすすめできない。

アップデート
2021年7月16日のアプデで以下のように性能が変更

・胸のダメージ倍率が1.2→1.1に低下。

目次にもどる

AK47カスタム

コンペンセーター(マズル枠)
長所…反動制御力が上昇。
短所…エイム速度とエイム時安定性が低下。

23.0ルーマニアン(バレル枠)
長所…射程距離。弾丸速度、反動制御力が上昇。
短所…エイム速度と移動速度が低下。

タックレーザー(レーザー枠)
長所…エイム速度・エイム安定性・エイム時移動安定性が上昇。
短所…レーザーの被視認性

スケルトンストック(ストック枠)
長所…エイム時移動速度・エイム速度が上昇する。
短所…エイム安定性が低下、

ステッピング加工グリップテープ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度とダッシュ後射撃速度が向上。
短所…エイム安定性が低下。

 近距離~中距離戦を意識したAK47カスタム。
コンペンセーター+23.0ルーマニアンで射程と反動制御力を強化。
下がりすぎたエイム速度をタックレーザー、スケルトンストック、ステッピング加工グリップテープで補っている。
胸以上を狙うためにサイトはつけたかったのだが、枠の都合で諦めた。ただ、アイアンサイトは見やすいので中距離の敵を狙うのにそれほど支障はないはず。
敵の胸以上をできるだけ狙って撃っていけば、速いキルタイムで活躍ができるカスタムになっている。
目次にもどる

AK47(MW版)5.45×39mmの性能

  初心者オススメ度:★★★☆☆
中級者以上オススメ度:★★★★★

 AK47(MW版)に5.45×39mm 30ラウンドマガジンをつけると、レートが約660RPMまで上がるがダメージや射程が弱体化する。弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約18m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.18秒(3発)約0.63秒(8発)
頭1発か胸4発+腹か手足約0.18秒(3発)約0.54秒(7発)

 レートが上がったためキルタイムが上昇している。敵の耐久が250の場合、全て腹や足に当てた場合は普通のキルタイムだが、頭に1発か胸に4発当てることで、キルに必要な弾数が減り、十分に速いキルタイムとなる。とにかく胸以上に当てることが非常に重要な武器と言える。

 約18mを超えると威力減衰が発生する。約18~26mのキルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.27秒(4発)約0.72秒(10発)
胸に1発+腹か手足約0.27秒(4発)約0.63秒(8発)
頭に1発+腹か手足約0.18秒(3発)約0.63秒(8発)
 威力減衰してキルタイムが遅くなった。胸か頭に1発当てればキルタイム短縮はできるが、平凡な火力となる。この距離でもある程度は戦える。

 約26mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て腹か手足約0.27秒(4発)約0.81秒(10発)
全て胸約0.27秒(4発)約0.81秒(10発)
 更にキルタイムが遅くなるので、この距離での戦闘は避けたい。

 AK47(MW版)5.45×39mmは通常のAK47(MW版)と比べ近距離火力は増しているが、距離が離れるに従ってキルタイムが大きく悪化する。どちらかと言えばサブマシンガン(SMG)に近い武器になっているので注意しよう。胸以上にさえ弾を当てられれば、近距離戦で強力な武器だ。
目次にもどる

AK47(5.45×39mm)おすすめカスタム

コンペンセーター(マズル枠)
長所…反動制御力が上昇。
短所…エイム速度とエイム時安定性が低下。

8.1コンパクトバレル(バレル枠)
長所…エイム速度と移動速度が上昇。
短所…弾丸の速度と反動制御力が低下。

ストックなし(ストック枠)
長所…移動速度とエイム速度が上昇する。
短所…エイム安定性と反動制御力が低下。

5.45×39mm 30ラウンドマガジン(弾薬枠)
長所…連射速度とエイム反動制御力が向上。
短所…威力と射程が低下。

ステッピング加工グリップテープ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度とダッシュ後射撃速度が向上。
短所…エイム安定性が低下。

 近距離戦を想定してガンスミスを組んだAK47カスタム。
5.45×39mm 30ラウンドマガジンをつけることで、射程は下がったがレートを上げて近距離火力を高めた。
8.1コンパクトバレル、ストックなし、ステッピング加工グリップテープでエイム速度や移動速度を強化。
反動の悪化を抑えるためにコンペンセーターをつけた。
18mから威力減衰してしまうが、それでも多くのサブマシンガン(SMG)よりはマシだ。
取り回しはそこまでよくないが射程の長い高火力サブマシンガンと思って運用するのがおすすめ。
エイムした状態で近距離戦に持ち込み、胸以上を狙えれば多くの武器に撃ち合いで勝つことができる。
目次にもどる

AK47(BOCW版)の性能

  初心者オススメ度:★★★★★
中級者以上オススメ度:★★★★★

現在の性能

 AK47(BOCW版)のレートは約613RPM、弾の当て方と敵の耐久によるキルタイム(約26m以内)は以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹か手足約0.19秒(3発)約0.58秒(7発)
頭2発+残り胸か腹か手足約0.09秒(2発)約0.48秒(6発)

 威力高めのアサルトライフル(AR)で、全てを胸、腹、手足に当てた場合でも速めのキルタイムとなっている。ただキルタイム短縮条件はかなり厳しい。


 約26mを超えると威力減衰が発生する。キルタイムは以下の通り。

耐久100の敵耐久250の敵
全て胸か腹か手足約0.29秒(4発)約0.68秒(8発)
頭2発+胸か腹か手足約0.19秒(3発)約0.58秒(7発)
 この距離でのキルタイムはそこそこ。キルタイム短縮すれば高い火力を出せるが、頭を狙う必要があり、非常に難易度が高い。
 とはいえ、キルタイム短縮せずとも十分に戦える。

 反動はほぼ上反動のみ、1~10発目までは左、11発目以降は右にもわずかな反動がある。上反動の大きさは普通。反動制御は難しくない。
 エイム速度はアサルトライフル(AR)の中では標準的。遭遇戦はあまり得意ではない。
 マガジン弾数は30発、リロード時間は約2.5秒と平均的。高威力でレートが高くないタイプの銃であることもあり撃てる時間が長く、割と継戦能力はある。
 AK47(BOCW版)は火力が高く、致命的な弱点はない。強力な武器なので、初心者から上級者にまでおすすめできる。

アップデート
2021年9月16日のアプデで以下のように性能が変更
・発砲時の銃の跳ね返りを調整(結果的に、若干反動が小さくなった)。

2021年7月15日のアプデで以下のように性能が変更
・ヘッドショットダメージ倍率が1.62→1.5に低下。

・胸のダメージ倍率が1.2→1に低下。

2021年4月21日のアプデで以下のように性能が変更。

・反動パターンを調整し制御しやすくした。
(以前はだいたい1~13発目まではほぼ上反動、だいたい13~20発目まではまさかの右下反動、21発目以降は再び上反動。
現在はほぼ上反動のみ、1~10発目までは左、11発目以降は右にもわずかな反動がある。反動制御がしやすくなった。
目次にもどる

AK47(BOCW版)おすすめカスタム

 AK47(BOCW版)をロードアウトドロップマーカーで呼び出す場合のおすすめカスタムについて紹介していく。

GRUサプレッサー(マズル枠)
長所…消音効果
   垂直反動制御が上昇
   弾丸速度が上昇
   有効射程距離が上昇。
短所…エイム速度が低下
   エイム安定性が低下

18.2テイクダウン(バレル枠)
長所…有効射程距離が上昇
短所…ダッシュ時の移動速度が低下

スペツナズPKMストック(ストック枠)
長所…エイム時の移動速度が上昇
   射撃時の移動速度が上昇
   エイム射撃時の移動速度が上昇
短所…腰撃ち命中率が低下

40ラウンド(弾薬枠)
長所…マガジン弾数が30発から10発増え、40発になる。
短所…リロード速度が低下

GRU弾性ラップ(リアグリップ枠)
長所…エイム速度が上昇
   ひるみ耐性が上昇
   エイム安定性が上昇
短所…エイム射撃時の移動速度が低下
   射撃時の移動速度が低下
   ダッシュ後射撃速度が低下

考察
 射程を伸ばすことを意識してガンスミスを組んだAK47カスタム。
 GRUサプレッサー+18.2テイクダウンで射程を伸ばし、上反動を軽減し、消音効果(発砲時に赤点表示されない)ようにした。
 エイム速度が最大まで上がるGRU弾性ラップ、エイム中歩行速度が上がるスペツナズPKMストックをつけており、取り回しも強化してある。
40ラウンドをつけて継戦能力を高めており、連戦で役立つ。消音効果で奇襲が成功しやすくなっており、その際にリロードをはさまず多くの弾を撃ちこめるのは強力だ。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の武器まとめへ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)の考察へ戻る。
COD WARZONE(ウォーゾーン)のアサルトライフル(AR)まとめへ戻る。

COD BOCWのAK47考察

  COD MWで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!