クラロワの最弱カードランキング

 クラロワで一番弱いカードはどれだ?
2021年9月時点の最弱カードランキングを作ってみた。
順位を決める要素は以下の通り。

・カード自身の強さ
・多くのデッキに入るかどうか
・レベルを上げると性能が大きく上がるか?

もちろん、カードの強さがランキング決定の最優先事項だが、多くのデッキに採用できるかも考慮していく。
現環境で育てる価値が低いものほど上位にランクインしていると思ってほしい。

クラロワの最弱カードランキング

第9位
第8位
第7位
第6位
第5位
第4位
第3位
第2位
第1位
目次にもどる

第9位 執行人ファルチェ

執行人ファルチェ

 ブーメランによる攻撃が可能な5コストユニット。
HPも高めだが、5コストと高い割に火力があまり高くないのが欠点。
小型の複数ユニットや飛行ユニット処理に活躍するが、1コスト低いマザーネクロマンサーのほうがカウンターにつなげられる。
弱くはないが、やや活躍しづらいカードなので、最弱カードランキング第9位に選んだ。
目次にもどる

第8位 ガーゴイルの群れ

ガーゴイルの群れ

 6体出撃の飛行ユニット。
6体分の火力は圧倒的で、素早く敵ユニットを処理できる。
相手のデッキによってはこのカード1枚で勝負を決められる場合もある。
ただ、範囲攻撃や呪文でまとめて処理され、エリアドをとられてしまうことが多い。
安定性が低いのが欠点だ。

目次にもどる

第7位 巨大スケルトン

巨大スケルトン

 6コストの大型ユニット。
自身がユニットを攻撃でき、死亡時には強力な爆弾を落とすのが特徴。
6月アプデで、死亡時爆弾でタワーに与えるダメージも倍増し強化されている。
ただ、ユニットを攻撃できる点は役立つ場合もあるが、誘導されてタワー前にたどり着けない場合も多い。
そして、タワー以外への死亡時爆弾のダメージは低いまま。
活躍できる機会はなくはないのだが、対処されてしまうことが多いので、最弱カードランキング第7位に選んだ。
目次にもどる

第6位 ファイアスピリット

ファイアスピリット

 1コストの範囲攻撃自爆ユニット。
コストの軽さと攻撃範囲の広さでゴブリンバレルを潰していたが、9月アプデで弱体化し攻撃範囲が減少。
ゴブリンバレルのゴブリン3体を始末できなくなってしまった。
一気に弱いカードになったと言わざるを得ない。

目次にもどる

第5位 オーブン

オーブン

 弱くなったファイアスピリットを出撃させるオーブンも当然弱体化。
ファイアスピリットの攻撃範囲が狭くなったことから、複数ユニットに攻撃しても一部が生き残ることが増えた。
一気に弱い建物になってしまったと言える。
目次にもどる

第4位 クローン

クローン

 範囲内にいる味方ユニットのコピーを作り出す3コスト呪文。
コピーはHPこそ1だが、火力は本物と同等で、死亡時効果も発動する。
ランバージャックや巨大スケルトンなどと相性がいい。
ただ、範囲攻撃や呪文で簡単に処理されてしまうことも多く、刺さる相手には刺さるが、刺さらない相手には無力。
安定性の低さを考慮して、最弱カードランキング第4位に選んだ。

目次にもどる

第3位 バーバリアンの小屋

バーバリアンの小屋

 7コストの建物。
自陣中央に配置して防衛に使うのが基本。
HPと火力がそこそこあるバーバリアンを2体ずつ出すので防衛だけでなく、そのままカウンター攻撃につなげられることも多い。
ただ、やはり7コストは重すぎる。それでいて飛行ユニットには全くの無力なのも厳しい。
目次にもどる

第2位 ゴブリン

ゴブリン

 2コストの3体出撃ユニット。
3体分の火力は高く機動力もある。
HPが低く、範囲攻撃や呪文で簡単に処理されてしまう。
飛行ユニットに対しても無力だ。
どうせ倒されるのであれば、1コストで3体出撃させられるスケルトンのほうが囮として使える場面が多々ある。
よって、最弱カードランキング第2位に選んだ。

目次にもどる

第1位 エリクサーポンプ

エリクサーポンプ

 8.5秒かけて1エリクサーを生成する6コストの建物。
一切攻撃を受けなければ、最終的にエリアドをとることができる。
ただ、そんなことはまずなく、呪文でタワーとまとめて攻撃されてしまうことが多く、むしろエリアドをとられることが多い。
また、最初の4枚のカードの中にはエリクサーポンプが含まれない仕様になっているのも厳しい。
以上の欠点を考慮して最弱カードランキング第1位に選んだ。

カード一覧(50音順)へ戻る
カード一覧(コスト順)へ戻る
カード一覧(アリーナ順)へ戻る
ランキングまとめへ戻る

page top