クラロワの遅延デッキ一覧

 クラロワの遅延デッキとは、遅延効果のある攻撃が可能なアイスウィザードと敵ユニットを移動させられるトルネードで防衛していくデッキのこと。
アイスウィザードの遅延効果は敵ユニットの火力と移動速度を落とす。
範囲攻撃であるため、トルネードで敵ユニットをまとめることで、まとめてダメージを与えることができる。
更に敵ユニットを遠くへ移動させられるため、アイスウィザードやその他ユニット・タワーで攻撃する時間を稼げる。
非常に強力な防衛が可能となるので、攻めカードと組み合わせた様々な遅延デッキが存在する。
各遅延デッキの立ち回りについて紹介していく。

クラロワの遅延デッキ一覧

遅延スケラ
遅延クロス
遅延ホグ
遅延エレジャイ
遅延バルーン
遅延枯渇
遅延スパーキー
遅延ゴレ
遅延ロイジャイ
目次にもどる

遅延スケラ

 遅延スケラの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 スロー効果持ちで防衛の中心となる。

トルネード
 敵ユニットを集めてアイスウィザードやベビードラゴンの範囲攻撃で殲滅するのが強力。

スケルトンラッシュ
 防衛してユニットを溜めた後のカウンター攻撃で使う。ナイトでタゲとりをしてから撃つこと。

ポイズン
 こちらのスケルトンラッシュに対し、相手が出してきた防衛ユニットを倒す。

ゴブリンの檻
 防衛の要。檻が丈夫でリベンジゴブリンもいるので囮として優秀。リベンジゴブリンを加えたカウンター攻撃も強力だ。

ナイト
 高HPの3コストユニット。防衛時の壁、攻め時のタゲ取りの両方で活躍する。

ベビードラゴン
 小型の複数ユニット対策。トルネードとの相性もいい。

ローリングバーバリアン
 小型ユニットの掃討、防衛時のタゲ取り、カウンター攻撃のための戦力補充など、様々な面で役立つ2コスト呪文。

立ち回り
 このデッキは最初は守りから入る。
呪文を使わずとも、ナイトやゴブリンの檻で攻撃を食い止め、アイスウィザードやベビードラゴンを加えて処理するだけで高い防衛力を誇る。
できるだけ、呪文は攻めにとっておきたい。
もちろん緊急時は防衛でも呪文を使っていく。特にトルネードで敵ユニットを遠ざけつつ集め、そこをアイスウィザード&ベビードラゴンで攻撃するコンボが強力。この2体が防衛でいるなら、ぜひ狙っていきたい。
どの遅延デッキでも言えることだが、アイスウィザードと防衛建物はできるだけ離して配置しよう。呪文でまとめて処理されると守りを崩されることが多い。
防衛が成功したら、カウンター攻撃を仕掛ける。HPの高いナイトでターゲットをとるのが理想。続いて敵タワーにスケルトンラッシュを撃ち込み、相手の防衛によってはポイズンも加えることで非常に強力な攻めとなる。
目次にもどる

遅延クロス

 遅延クロスの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 トルネードとあわせての防衛、攻めクロスボウ時の防衛のどちらでも活躍する。

トルネード
 アイスウィザードとのコンボの他、巨大クロスボウが苦手とする大型ユニット対策も可能。大型ユニットを巨大クロスボウの範囲外に移動させてしまおう。

巨大クロスボウ
 このデッキの切り札。防衛でエリアドをとった後のカウンター攻撃で使っていきたい。

アイスゴーレム
 2コスト高HPユニット。ペッカにはお散歩で防衛。攻めクロスボウ時には前衛に配置して壁にできる。

スケルトン
 ペッカやプリンスなどの単体攻撃ユニット対策。囮として使える。

メガガーゴイル
 HPと火力が共に高め。特に対空防衛で使っていく。

ローリングウッド
 ローリングウッドのノックバック効果で相手を後退させられる。アイスウィザードと相性がいい。

ロケット
 巨大クロスボウで削れない相手はロケットとローリングウッドで呪文削りだ。

立ち回り
 このデッキはまず防衛から入る。
アイスウィザードやメガガーゴイルを中心に防衛していく。トルネードでキング起動も行っていこう。
防衛でエリアドをとったら自陣上部にクロスボウをを配置してカウンター攻撃を仕掛けていく。
相手は巨大クロスボウを壊そうとしてくることが多い。前方にアイスゴーレムを配置したりアイスウィザードのスロー効果やトルネードの強制移動で巨大クロスボウが攻撃できる時間を稼いでいこう。
相手の飛行ユニットが多い場合は巨大クロスボウの攻撃が通りやすい。
ただ、高HP地上ユニットが多い場合は巨大クロスボウの攻撃が通りづらい。その場合はロケットとローリングウッドによる呪文削りでタワーにダメージを与えていこう。
目次にもどる

遅延ホグ

 遅延ホグの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 トルネードとのコンボはもちろん。ホグライダーの後衛としても強力。

トルネード
 キング起動やホグライダーで攻める際の援護として活躍。

ホグライダー
 そこそこのHPと火力を持つユニット無視ユニット。高い突破力を誇る主力攻撃ユニット。

バルキリー
 小型の複数ユニット対策。また、ホグライダーの前方に配置してのエスカレーターも強力。

テスラ
 火力に優れた建物。防衛の要といえるカードだ。

スケルトン
 ペッカやプリンスなどの単体攻撃ユニット対策。

ローリングウッド
 ノックバック効果があり、アイスウィザードと相性がいい2コスト呪文。

ファイアボール
 相手はホグライダーに対して防衛するために、ユニットをまとめて出しやすい。ファイアボールを撃ちこんでやろう。

立ち回り
 このデッキでもやはり防衛から入る。スケルトンやバルキリーで敵ユニットの攻撃を受け止め、テスラとアイスウィザードで援護していこう。トルネードでのキング起動も行っておきたい。
エリアドをとったところで橋前にホグライダーを出して攻撃に出れば、相手は止めづらい。
小型の複数ユニットでホグライダーのHPを一気に削ってくるようなら、2回目の攻撃では先読みローリングウッドをしつつホグライダーを送ったり、アイスウィザードを後衛につけたりすると相手の守りを崩しやすい。
ホグライダーでも突破できない硬い守りのデッキに対しては、ファイアボールとローリングウッドによる呪文削りが有効だ。
目次にもどる

遅延エレジャイ

 遅延エレジャイの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 トルネードと組み合わせた防衛で使う。このデッキでは特に対空で重要。

トルネード
 アイスウィザードと相性がいい。また、エレクトロジャイアントの近くにトルネードで敵ユニットを集めるコンボも強力。

エレクトロジャイアント
 このデッキの主力大型ユニット。周囲の敵にダメージを与えて処理しながらタワーを目指すことができる。

ダークプリンス
 小型の複数ユニット対策。主に防衛で使い、エレクトロジャイアントと共にカウンター攻撃を仕掛ける。

ベビードラゴン
 対空防衛に使う。トルネードとの相性もいい。

ゴブリンの檻
 囮として防衛で使う。リベンジゴブリンが出るのでカウンター性能が高い。

ライトニング
 6コスト呪文。エレクトロジャイアントが攻めるのに邪魔となる建物やユニットをまとめて処理してやろう。

ローリングバーバリアン
 小型の複数ユニット対策やターゲット取りに役立つ呪文。

立ち回り
 まずは、地上はダークプリンスやゴブリンの檻、対空はアイスウィザードとベビードラゴンで防衛し、エリアドをとったらエレクトロジャイアントで攻めるのが基本。
このデッキにはトルネードと相性のいいカードが多い。
トルネードを使ってエレクトロジャイアントの周りに敵ユニットを集めるコンボは強力。
また、アイスウィザード、ベビードラゴン、ダークプリンスも範囲攻撃であり、トルネードで敵ユニットを集めて一気に処理することが可能だ。
目次にもどる

遅延バルーン

 遅延バルーンの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 このデッキは対空カードが少ない。主に対空防衛で使おう。

トルネード
 アイスウィザードの他、巨大スケルトンやボムタワーの死亡時爆弾を活かしたコンボが可能。

エアバルーン
 このデッキの切り札。相手のスキを狙って出し、タワーに到達させよう。

巨大スケルトン
 このデッキの壁役。防衛から出し、後ろにベビードラゴンをつけて攻めよう。

ベビードラゴン
 防衛で使う他、巨大スケルトンの後ろにつけて攻める。巨大スケルトンが小型の複数ユニットに倒されるのを防げる。

ディガー
 このデッキでは相手のユニットを引き出す役割がある。敵ユニットがディガーを倒した後攻めてくるので、そこを防衛してカウンターだ。もちろん巨大スケルトンでターゲットをとっている時にタワーに向かわせてもいい。

ボムタワー
 範囲攻撃が可能な防衛建物。地上ユニットに対する防衛で使っていく。

ローリングバーバリアン
 小型の複数ユニット処理の他、カウンター攻撃にも役立つ。

立ち回り
 このデッキでも防衛してからカウンター攻撃を狙う。
ディガーを使えば、タワーに小ダメージを与えつつ、敵ユニットを引き出しやすい。
攻め込んできたユニットを地上は巨大スケルトンやボムタワー、空中はアイスウィザードやベビードラゴンで防衛する。
アイスウィザード+トルネード、トルネードによるキング起動も行い、防衛をこなしていこう。
防衛後、残った戦力にユニットを追加して巨大スケルトン+ベビードラゴンの形をつくって攻めていこう。
攻守で役立つのが巨大スケルトンやボムタワーの死亡時爆弾にトルネードで敵ユニットを集めてダメージを与えるコンボ。
特に攻め時は死亡時爆弾+トルネード、敵戦力を削りたい。
敵戦力が削れたところで、エアバルーンを出す(戦況によっては逆サイドに出してもいい)。
エアバルーンがタワーに到達すれば、大きな損害を与えることが可能だ。
目次にもどる

遅延枯渇

 遅延枯渇の中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 防衛で使用。特にこのデッキは建物がないので、大切に使っていきたい。

トルネード
 敵をまとめてアイスウィザード、プリンセス、ロイヤルゴーストなどの範囲攻撃をまとめて当ててやろう。

ゴブリンバレル
 主要攻めカード。相手の呪文がない時を狙ってタワーを狙い撃つ。

ゴブリンギャング
 高速複数ユニット。単体攻撃ユニットに対する防衛に使う他、呪文を誘う枯渇要素がある。

プリンス
 攻守で使える。HPが高めでゴブリンバレルを撃つ時はこのユニットでタゲ取りしたい。突撃があるのでローリングウッドを撃たせやすく枯渇要素がある。

プリンセス
 射程の長い遠距離攻撃ユニット。トルネードと相性がいい。更には呪文で処理されやすく枯渇要素もある。

ロイヤルゴースト
 範囲攻撃ができるステルスユニット。相手にユニットを出させる役割の他、プリンスが苦手な小型の複数ユニット対策もできる。

ローリングウッド
 小型の複数ユニット処理ができる。アイスウィザードと相性がいい。

立ち回り
 最序盤はローリングウッドで削ったり、ロイヤルゴースト、橋前プリンセス、ゴブリンギャングで相手の地上ユニットを引き出す。
その後は防衛。プリンス、アイスウィザード、プリンセス、ゴブリンギャング、トルネードで防衛を徹底して行おう。
相手の手札把握をして呪文がないと思ったら、ゴブリンバレルでタワーを攻撃しよう。
プリンスでタゲ取りをした状態であれば、強力な攻めとなる。
特にトルネードで邪魔な敵ユニットを飛ばして援護すれば、タワーに刺さりやすい。
目次にもどる

遅延スパーキー

 遅延スパーキーの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 防衛の要。このデッキでは特に対空をしっかりやっていきたい。

トルネード
 敵をまとめてスパーキーやメガナイトでまとめて倒してやろう。

スパーキー
 主力攻撃ユニット。トルネードで敵ユニットを一か所にまとめてスパーキーで攻撃して一掃すれば、それだけで勝負が決まることも多い。

メガナイト
 大型範囲攻撃ユニット。スパーキーの前に配置し、敵の攻撃を受け止めつつ前進する。

ボウラー
 中型以下の地上ユニットに対する防衛ではノックバック効果で圧倒的強さ。アイスウィザードやトルネードとのコンボも強力。

インフェルノドラゴン
 大型ユニット対策。特にメガナイトやボウラーが苦手とするペッカへの対抗手段。また、対空防衛の要でもある。

スケルトン
 ペッカやプリンスなど一撃が重い単体攻撃ユニットに対する囮。アイスウィザードやトルネードも加えて鉄壁の防衛が可能。

ローリングウッド
 小型の複数ユニットをまとめて倒す。ノックバック効果がトルネードやボウラーと相性抜群。

立ち回り
 このデッキはメガナイト+スパーキーあるいはメガナイト+ボウラーの攻めの形をとるのが理想。
そのため、まずは防衛から入る。
敵地上ユニットが来たら、メガナイト、スパーキー、ボウラーなどで防衛。
防衛後にユニットを追加して攻める。
攻めではメガナイトが攻撃を受け止めつつ、敵ユニットをトルネードで一か所にまとめて、スパーキーとボウラーに攻撃させよう(ボウラーの場合タワー前にユニットをまとめて貫通岩でタワーごと攻撃)。
コストが重いカードが多く、逆サイド攻撃に対応しづらいのでトルネードによるキング起動はできる限り行っておきたい。
目次にもどる

遅延ゴレ

 遅延ゴレの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 このデッキでも防衛で活躍する。

トルネード
 キング起動の他、敵をまとめてアイスウィザードやベビードラゴンの範囲攻撃で殲滅できる。

ゴーレム
 このデッキの主力壁ユニット。エリアドをとった上で出し、後衛としてダークネクロがいる形を目指す。

ダークネクロ
 コウモリを出撃させ、自身も単体攻撃ユニットとして活躍する。防衛で使った後、エリアドがとれている状態で前にゴーレムを出して攻めの形をつくりたい。

ベビードラゴン
 小型の複数ユニット対策。トルネードとのコンボも強力だ。

ゴブリンの檻
 攻め込んできた地上ユニットを受け止める建物。出てきたリベンジゴブリン+ゴレダクネでカウンター攻撃を決められると強力。

ライトニング
 ゴーレムを倒すために集まった敵ユニットを掃討しよう。

ローリングバーバリアン
 小型の複数ユニット掃討用。バーバリアンが出てくるのでカウンター性能も強化される。

立ち回り
 このデッキではゴーレム+ダークネクロの攻めの形をつくりたい。
防衛ではダークネクロ、アイスウィザード、ゴブリンの檻、ベビードラゴンで対応。
ダークネクロを出した時にエリアドがとれていたり、エリクサー2倍タイムなら前衛にゴーレムをだし攻めの形をつくる。
ゴーレムのコストが重く逆サイド攻撃などに注意が必要だが、序盤にトルネードによるキング起動ができていれば、ある程度許容することが可能。
特にキング起動を成功させたいデッキと言える。
目次にもどる

遅延ロイジャイ

 遅延ロイジャイの中でもおすすめのデッキを紹介していく。

アイスウィザード
 トルネードとの組み合わせで徹底的に防衛しよう。

トルネード
 キング起動、アイスウィザードやベビードラゴンとのコンボが強力。

ロイヤルジャイアント
 このデッキの壁兼攻撃ユニット。エリアドをとった後のカウンター攻撃で投入する。

アースクエイク
 ロイヤルジャイアントがタワー攻撃するのに邪魔な建物を破壊しよう。

テスラ
 火力が高い防衛建物。アイスウィザード+トルネードで時間を稼いでやればより大きいダメージを与えられる。

ベビードラゴン
 小型の複数ユニット撃破に使っていく。トルネードとのコンボも強力。

ディガー
 敵ユニットを引き出し、それを防衛することでカウンター攻撃が可能。また、タワー攻撃することでタワー付近に敵ユニットを集めやすくなる。ロイヤルジャイアントが攻撃するまでの時間を稼ぐことができる。

ローリングウッド
 小型の複数ユニットをまとめて処理する。ノックバック効果がアイスウィザードと相性がいい。

立ち回り
 このデッキでは序盤はトルネードのキング起動を狙いつつ防衛を行っていく。
テスラ、アイスウィザード、ベビードラゴン、トルネードで、防衛してエリアドをとろう。
防衛ユニットが残りエリアドがとれたら、敵タワーにディガーを送りつつ橋前ロイヤルジャイアント。
ディガーでタゲ取りしている間はロイヤルジャイアントが攻撃を受けづらく、より長い間攻撃を行うことが可能だ。


戦術・知識まとめへ戻る

page top