クラロワの強い組み合わせ攻撃

 クラロワの各カードは何かしら弱点がある。
カードを組み合わせて弱点を補うことが可能で、単体で攻めるより遥かに強力な攻めが可能。
強い組み合わせ攻撃について紹介していく。

クラロワの組み合わせ攻撃一覧

壁ユニット+バレル
複数ユニット+ディガー
ゴレダクネ
ジャイネクロ
ペッカ+範囲攻撃ユニット
ペッカ攻城
ランバーバルーン
ラヴァバルーン
テスラクロス
スケラポイズン
エレジャトルネード
死亡時爆弾+トルネード
ホグバルキリー
エリゴレバトルヒーラー
目次にもどる

壁ユニット+バレル

 HPの高い壁ユニット(ナイト、バルキリー、ジャイアントなど)とゴブリンバレル・スケルトンバレルの組み合わせ。
壁ユニットでターゲットを取ることで、ゴブリン・スケルトンが延命でき、タワーに大ダメージを与えてくれる。
壁ユニットやバレルの使い方については以下の記事を参考にしてほしい。

壁ユニットの使い方

ゴブリンバレル考察


スケルトンバレル考察


目次にもどる

複数ユニット+ディガー

 小型の複数ユニットは、防衛では数を活かした高い火力があるので役立つ。
だが、攻めると、HPが低いためタワー防衛だけでかなり倒されてしまい、大したダメージを与えることができない。
しかし、ディガーでタワーのターゲットをとり、そこを小型の複数ユニットで攻めれば、倒されずに敵タワーまで辿り着くことができる。
小型の複数ユニットの高い火力でタワーに大きなダメージを与えることが可能だ。
また、ディガーの代わりに壁ユニットを前衛にしてターゲットをとることでも強力な攻めができる。
複数ユニットとディガーについては以下の記事を確認してほしい。

複数ユニット考察

ディガー考察


目次にもどる

ゴレダクネ

 大型ユニットの中でもHPが高いゴーレムを前衛、コウモリを出撃させるダークネクロを後衛にして組み合わせ攻撃を行う。
相手からするとダークネクロやコウモリを放っておけば、ゴーレムを攻撃している間に防衛ユニットのダメージが蓄積していく。だが、ダークネクロはHPがそこそこあり、呪文で倒すと損になる。
非常に強力な攻めが可能だ。ただ8コスト+4コストで12コストもかかる攻めである点に注意。
2倍エリクサータイムになってから攻めたりダークネクロで防衛した後ゴーレムを追加するなど工夫したい。 また、逆サイド攻撃には十分注意する必要がある。序盤にキング起動ができていると心強い。
ゴーレムとダークネクロについては以下の記事を確認してほしい。

ゴーレム考察


ダークネクロ考察


目次にもどる

ジャイネクロ

 高HPのジャイアントとスケルトンを生産するネクロマンサーも強い組み合わせだ。
相手が前衛のジャイアントの処理に手間取っている間、後衛のネクロマンサーが範囲攻撃しつつスケルトンを増やしていく。
この組み合わせも多くのエリクサーが必要なのでネクロマンサーで防衛した後、ジャイアントを前衛に追加するなど工夫したい。
ジャイアントとネクロマンサーについては以下の記事を確認してほしい。

ジャイアント考察


ネクロマンサー考察


目次にもどる

ペッカ+範囲攻撃ユニット

 一撃のダメージが大きく圧倒的火力を持つペッカだが、攻撃速度が遅く、複数ユニットに対しては弱い。
ダークプリンス、マジックアーチャー、ウィザード、執行人ファルチェ、ベビードラゴンなどの範囲攻撃ユニットと組み合わせ、一緒に攻撃を仕掛けることで、強力な攻めが可能となる。
ペッカは7コストもかかる。攻めこんできた単体ユニットに対しペッカを出して防衛してから、攻めの形をつくっていくといい。

ペッカ考察


範囲攻撃ユニット考察

目次にもどる

ペッカ攻城

 カウンター性能の高いペッカと速攻ができる攻城バーバリアンを組み合わせると強力。
防衛で使ったペッカでカウンターを仕掛け、同時に逆サイドに攻城バーバリアンを出すことで、相手は非常に守りにくくなる。
相手の防衛ユニットを確認し、マジックアーチャーなどの後衛をペッカまたは攻城バーバリアンの後ろに追加してやると更に強力な攻めになる。

ペッカ考察


攻城バーバリアン考察


マジックアーチャー考察


目次にもどる

ランバーバルーン

 死亡時レイジ効果のあるランバージャックと、非常に高い攻撃力を持つエアバルーンで組み合わせ攻撃を行う。
前衛のランバージャックが相手の防衛ユニットに被害を与えつつ倒れ、後衛のエアバルーンがレイジ効果で加速するのが非常に強力。
ランバージャックで防衛してから、後衛にエアバルーンを配置すると攻めの形をつくりやすい。
更に敵の動きを止めるフリーズを加えると非常に強い組み合わせとなり、相手は防ぐのが極めて困難となる。ただし、それだけエリクサーを使うと相手にカウンターを決められやすくなる点には注意しよう。

ランバージャック考察


エアバルーン考察


フリーズ考察


目次にもどる

ラヴァバルーン

 飛行ユニットの中で最もHPが高いラヴァハウンドを前衛、火力に優れたエアバルーンを後衛にすると、非常に強い組み合わせになる。
相手からすると対空できるカードがラヴァハウンド処理に手間取り、エアバルーンを止められないことが多い。
ラヴァハウンドは倒されるとラヴァパピィ6体に分裂し、高い火力を発揮する。
ラヴァパピィ6体を延命するために、ラヴァハウンドが倒される直前にディガーやゴブリンドリルを相手タワー付近に送り込みターゲットをとるのも強力な戦法だ。

ラヴァハウンド考察


エアバルーン考察


ディガー考察


ゴブリンドリル考察


目次にもどる

テスラクロス

 火力に優れ対空もできる防衛建物であるテスラと射程が非常に長い巨大クロスボウを組み合わせて使えば非常に強い。
防衛でエリアドをとった後、巨大クロスボウを自陣上部に設置する。巨大クロスボウ付近にあらかじめテスラを設置しておくか追加しよう。
相手が巨大クロスボウの破壊のためにユニットを送ってきてもテスラと巨大クロスボウの攻撃で倒せることが多い。
相手の地上ユニットがいなくなれば、巨大クロスボウの攻撃が相手のタワーにとどく。敵陣内に攻め込む必要がない点が強力だ。

テスラ考察


巨大クロスボウ考察


目次にもどる

スケラポイズン

 スケルトンラッシュはスケルトンをどこにでも召喚できる呪文。
敵タワーに対して撃ち加えてポイズンを撃つことで、スケルトンを処理しようとしている防衛ユニットとタワーの両方にダメージを与えることができる。
特に相手が複数ユニットで防衛した場合は、スケルトン処理中に複数ユニットが倒れる。
壁ユニットでターゲットをとった上でスケラポイズンをすれば非常に強力だ。

スケルトンラッシュ考察


ポイズン考察


目次にもどる

エレジャトルネード

 高HPかつ、近距離攻撃してきた敵に電撃反射してダメージ(+気絶効果)を喰らわせるエレクトロジャイアントと、
敵ユニットを攻撃範囲の中心に引き寄せるトルネードで組み合わせ攻撃する。
エレクトロジャイアント単体では遠距離攻撃してくるユニットに対しては電撃反射できないが、
トルネードでエレクトロジャイアント周辺に引き寄せることで電撃反射して反撃が可能となる。
特にHPが高くないユニットは電撃反射だけで倒してしまえるので、非常に強力だ。

エレクトロジャイアント考察


トルネード考察


目次にもどる

死亡時爆弾+トルネード

 巨大スケルトン、エアバルーン、ボムタワーは破壊されると爆弾を落とす。
トルネードで敵を引き寄せて、爆弾に巻き込むことで敵ユニットにまとめてダメージを与えられる。
特に中型以下が多い場合はかなり刺さる戦法だ。
同様に範囲攻撃+トルネードでも、範囲攻撃で敵をまとめて攻撃できるようになるので強い。

巨大スケルトン考察


エアバルーン考察


ボムタワー考察


トルネード考察


範囲攻撃ユニット考察

目次にもどる

ホグバルキリー

 範囲攻撃できるバルキリーを後方から高速のホグライダーで押してエスカレーターする。
バルキリーが高速移動しつつ壁になり範囲攻撃で敵ユニットを攻撃してくれる。
特にホグライダーが苦手とする小型の複数ユニット対策ができるので強い組み合わせと言える。
エスカレーターについては他ユニットでも可能であり、以下で詳しく紹介している。

ホグライダー考察


バルキリー考察


目次にもどる

エリゴレバトルヒーラー

 3コストで驚異的な耐久を誇るエリゴレを前衛、攻撃すると周囲のユニットのHP回復ができるバトルヒーラーを後衛にして組み合わせ攻撃する。
エリクサーゴーレムがなかなか死なず、継続的に攻撃が可能。
エリクサーゴーレムが3コスト、バトルヒーラーが4コストであり、後衛ユニットを1~2体つける余裕があるのも魅力。
はまればアリーナタワーだけでなくキングタワーまで一気に折ることすら可能な強い組み合わせだ。

エリクサーゴーレム考察


バトルヒーラー考察



戦術・知識まとめへ戻る

page top