Apexのゲーミングキーボード(軸など)のおすすめ

 Apex legendsをPCでやるならゲーミングキーボードを使いたい。バトロワFPSであるAPEXはアビリティを使用したり、アイテムの取得・使用など撃ち合い以外のアクションも多い。よってキー操作を行う場面が多くキーボードの性能は重要だ。
 ゲーミングキーボードの種類(軸など)とおすすめの商品について紹介していく。

Apexのゲーミングキーボード目次

ゲーミングキーボードの種類(軸など)
メカニカル式ゲーミングキーボードのおすすめ

目次にもどる

ゲーミングキーボードの種類

 ゲーミングキーボードは大きく分けると「メカニカル式」、「メンブレン式」、「静電容量無接点方式」の3種類が存在する。

メカニカル式
 各キーが電気スイッチを搭載しているキーボード。それ故に反応速度と耐久性が高い。1つのキーが壊れても1つのスイッチ交換すれば使い続けられる。複雑な構造であるため値段は高めだが、寿命が長く、使い続けやすいことを考えればそれほど問題ではない。メカニカル式はキーを押した時の感触によって、いくつかのタイプがある。

・赤軸(リニア)
 キーが押した時の反発する力が小さい。軽いタッチで押すことができるので疲れにくい。疲れは操作ミス、判断力や反射神経の低下につながり、APEXの成績低下の原因にもなってしまう。疲れにくいことはとても重要だ。個人的には赤軸のゲーミングキーボードが一番おすすめ。また、VCを使ったり、実況する場合、物音をあまり立てたくない場合もぜひ赤軸を選びたい。

・茶軸(タクタイル)
 キーが押した時に平均レベルの反発力がある。赤軸の弱点は誤って触れただけでキー入力されてしまい、ミスが増える可能性が高まる点。ミスを懸念するなら茶軸のゲーミングキーボードを選ぶのも選択肢だ。

・青軸(クリッキー型)
 キーが押した時に強い反発力がある。反発力があるということは、それだけ1回のキー入力に力が必要になる。キーを押す機械が多いAPEXでは特に疲れやすくなってしまう。
また、青軸は強く指で押す必要がありキーを打つ音も大きくなるので、ゲーム実況やVCをする場合にも邪魔になりやすい。特にAPEXは連携が重要でVCの使用機会が多い。
キーを押した時の感触が楽しめる利点はあるが、APEXでのゲームプレイに向いていないのでおすすめできない。

メンブレン式
 2枚の接点シートが接触することでスイッチとなる方式。構造が複雑でないために値段が安い。ただし、反応速度などの性能はメカニカル式より低い。耐久性も高くなく、長年使うとキーを押した時の感触が変化してしまうことも多い。このタイプのキーボードはあまりおすすめできない。

静電容量無接点方式
 メカニカル式と同様に各キーで構造が独立している。異なるのは電極と物理的な接点がないこと。よって接合部の摩耗や抵抗がなく耐久性は非常に高い。最後までキーを押し込まなくても認識するため高速キー入力が可能。この形式のゲーミングキーボードも存在するが、まだ商品数が充実していない。ただ性能は高いので今後はこちらの形式も増えてくるかもしれない。。

 現時点でAPEXをやるのに適しているのはメカニカル式ゲーミングキーボードの赤軸または茶軸だ。その中でもおすすめなものを紹介していく。

目次にもどる

メカニカル式ゲーミングキーボードのおすすめ


RazerのHuntsman V2
 最大8000Hz のポーリングレートを持ち、反応速度が最高峰の赤軸のゲーミングキーボード(リニア)だ。頑丈なリストサポートがあり、手首にかかる圧力を減らすことができる。APEXではキー入力の機会が大きいがこのキーボードを使えば長時間プレイしても疲れづらい。ダブルショットPBTキーキャップを採用しており、硬く耐久性に優れているのはもちろん、キーのラベルが薄くなったり摩耗して輝きを損なうこともない。非常に性能が高いゲーミングキーボードなので、ぜひ確認してみてほしい。

コスパのいいゲーミングキーボード(リニア)
 従来のメカニカルスイッチより動作点を15~30%短くすることで、他ゲーミングキーボードと比較しても高速入力が可能な赤軸のゲーミングキーボード。
赤軸の中でもキーの反発力が小さく、とても軽いタッチでキー入力が可能。慣れないうちは誤入力も発生するかもしれないが、慣れれば非常に疲れにくく、長時間のプレイも可能となる。
「キーストローク1億回」のテストに耐えたRazerリニアオプティカルスイッチを採用しており長く使っていくことができるのも長所。
テンキーレスデザインになっておりキーボードの幅が狭くコンパクトになっているのも特徴。よってマウスを動かすスペースが作りやすいのでAPEXをやる上で大きな利点と言える。
性能が高く、その割には値段も安めなので、ぜひ確認してみてほしい。

メカニカル式ゲーミングキーボード(タクタイル)
 茶軸のゲーミングキーボード。反発力が普通であるため誤入力が発生しづらい。
9個のGキーと3個のメモリーパターンキーがあり、最大27つのマクロ設定が可能なのが大きな利点。最初に説明したようにAPEXでは撃ち合い以外でも、アイテムの取得やアビリティの使用など多くのキー入力が必要。複数のキーが必要な操作をGキーで行えば、大きく負担を軽減することができる。
Romer-Gタクタイルスイッチの採用で、反応速度や耐久性も高い。茶軸のゲーミングキーボードの中で性能が優れているのでおすすめだ。値段もそれほど高くなくコスパもいいのでぜひ確認してみてほしい。

  ゲームで勝ちたい!最強になりたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!