スポンサーリンク


ゼノンザードの瞬身のハヤテの性能


種類…フィールド・ミニオン
色…
レアリティ…エピック
種族…アヴィアン
コスト…4(黄2・無2)
BP…500
DP…1

効果
・(自分のターン)このターンに自分がコスト5以上のミニオンを召喚している場合、自分の手札にあるこのカードのコストは0になる。

・(自分のターン終了時)他に自分のミニオンがいる場合、このミニオンを手札に戻す。

スポンサーリンク

 

ゼノンザードの瞬身のハヤテの評価と使い方

 ゼノンザードの瞬身のハヤテはフィールド・ミニオンの黄カード。
コスト踏み倒し効果と、他に自分のミニオンがいる場合、自分のターン終了時に手札に戻さねばならないデメリット効果を持つ。
自身のBPは500と高めで、戦闘力は高い。
中盤以降に5コスト以上のミニオンを召喚した後にだし、そのターンにフォースに対する攻撃要員として使うのが基本。
黄カードは(飛来)持ちが多く、攻撃要員が不足しがちなので、このカードで補ってやるとバランスのとれたデッキを作りやすい。
コスト0になった瞬身のハヤテを出せばアタック時の回数を手軽に増やすことができる。
「自分のターン終了時に他に自分のミニオンがいる場合、このミニオンを手札に戻す」というデメリットの面が強い効果を避けるために
出した後にマナにおき、マナ加速要員に使うのも選択肢だ。
「双龍頭領」アオバと非常に相性がいい。
コスト0になった瞬身のハヤテを出せばアタック時の回数を手軽に増やすことができる。
「双龍頭領」アオバ自身がコスト5以上であり、アオバを出したターンから連続アタックを行うことも可能だ。



スポンサーリンク

瞬身のハヤテの関連・競合カード

・同色同コストフィールド・ミニオン。
イーグルランサー


瞬身のハヤテのフレーバーテキスト

 災厄竜を操っている者の存在を最初に発見したのは、偵察部隊の隊長だった。
優れた戦闘能力を持つ彼だからこそ、危険な強行偵察をなしえたのだ。

考察
 手軽にコスト0で出せる瞬身のハヤテが偵察部隊の隊長を務めるのは適任と言えるだろう。
4コストでBP500あることから、フレーバーテキスト通り、戦闘力も優れていると言える。

スポンサーリンク



フィールド・ミニオンまとめに戻る。
  ゼノンザードで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!