スポンサーリンク


ゼノンザードのスパイクオクトパスの性能


種類…フィールド・ミニオン
色…
レアリティ…ベーシック
種族…モンスター
コスト…6(無6)
BP…900
DP…2

効果
・なし。

スポンサーリンク

 

ゼノンザードのスパイクオクトパスの評価と使い方

 ゼノンザードのスパイクオクトパスはフィールド・ミニオンの無色カード。
コスト6でBP900・DP2のバニラ。
効果がないのは痛いが、6コストでは最高峰のBPを誇るので使う価値がないわけではない。
ただ、例えば「魔犬」ケルベロス・クリムゾンは同色同コストでBP800・DP2。
スパイクオクトパスよりBPが100だけ低いが非常に強力な効果を持っている。
総合力ではスパイクオクトパスに勝ち目はない。
とはいえ、2019年9月19日の環境では、最強クラスのミニオンであるBP900の「双龍頭領」アオバ
と相討ちをとれるこのカードにも価値はあると言える。



スポンサーリンク

スパイクオクトパスの関連・競合カード

・無色で6コストの競合フィールド・ミニオン。

スパイクオクトパスのフレーバーテキスト

 正式に3ヵ国連合軍には加わらなかったが、「ポセイド」のシーワームたちの協力がなければ、物資輸送など大きく問題になっていただろう。
「ワイルドランド」には開拓された安全な水路などなく、その苦労も計り知れなかった。
「大公史」 公暦794年 第7節。

考察
 「ポセイド」のシーワームたちが水路を使っての補給に大きな役割を果たしていた。
その役割の中には襲撃者に対する護衛も含まれていたのだろう。
その襲撃者こそ、スパイクオクトパスだと思われる。

スポンサーリンク



フィールド・ミニオンまとめに戻る。
  ゼノンザードで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!