スポンサーリンク


ゼノンザードの「導きの乙姫」マリーサの性能


種類…フィールド・ミニオン
色…
レアリティ…エピック
種族…マーフォーク
コスト…3(青1・無2)
BP…400
DP…1

効果
・(連携・青)…このターンに青色の自分のマナが置かれている状態でこのカードを手札から使用した場合、自分はカードを1枚引く。

・(自分のターン)他の自分の青のミニオンがダメージを与えるたび、そのミニオンにDP+1を付与する。

スポンサーリンク

 

ゼノンザードの「導きの乙姫」マリーサの評価と使い方

 ゼノンザードの「導きの乙姫」マリーサはフィールド・ミニオンの青カード。
召喚時に連携で手札補充ができ、他の自分の青のミニオンがダメージを与えるたび、そのミニオンのDPを+1して強化できる。
2つの有用な効果を持ちながら自身も3コストでBP400・DP1と高めの戦闘力を持つ。
青単でで序盤から攻めていくデッキをつくるなら、ぜひ採用したいカードと言える。
同コスト以外にブロックされない潜入持ちのカードや、革命のシンフォニーといった任意の味方にブロックされない効果を持つカードを使えば、
ブロックで妨害されずに何度もアタックしやすいので、「導きの乙姫」マリーサの効果を活かしやすい。
同色同コストには、ホワイトフィンドルフィン、ウォードバイソンといった競合カードがあるが、
連携やDPを増やす効果を活かしやすい青単であれば、「導きの乙姫」マリーサの優先度は一番高いと言える。



スポンサーリンク


「導きの乙姫」マリーサの関連・競合カード

・同色同コストの競合カード。
・マーフォークを種族に持つカード。

・導きの乙女シリーズ。

「導きの乙姫」マリーサのフレーバーテキスト

 「導き」の称号を持つ者の中にも、際立って著明な存在がいたことも事実である。
「ポセイド」の乙姫などはその最たるもので、親衛隊という名の「おっかけ」も存在していたという。


スポンサーリンク




フィールド・ミニオンまとめに戻る。
  ゼノンザードで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!