スポンサーリンク


ゼノンザードのメイプルツォークの性能


種類…フィールド・ミニオン
色…
レアリティ…レア
種族…ツリーフォーク
コスト…8(緑2・無6)
BP…900
DP…2

効果
・(アタック時)相手の4コスト以下のミニオン全てをレストする。

・(自分のターン終了時)自分の緑マナが4つ以上ある場合、自分のプレイヤーを1回復する。

スポンサーリンク

 

ゼノンザードのメイプルツォークの評価と使い方

 ゼノンザードのメイプルツォークはフィールド・ミニオンの緑カード。
アタックする際に4コスト以下のミニオン全てをレストできるため、
相手が小型ミニオンばかり揃えているデッキならアタックを通すことができる。
ブロックされたとしても中型以上であり、バトルで倒せば相手に損害を与えることができる。
さらに条件つきではあるが、プレイヤーのライフ回復効果も持っている。
メイプルツォークがフィールドに出て攻撃している状態を維持できれば、有利になることが多い。
レアリティはレアだが、フィニッシャーとして採用できるスペックを持つ強力カードだ。
BPは900と高めではあるが、コストが8と重いので、
召喚する頃には相手にBP1000以上のミニオンがいる可能性も十分ある。
その場合は、アタックをうかつにできずピンチとなるので、何かしらのBP増加手段は持っておきたい。
魔術都市の9戦士パック追加以降に現れた、「凱の鼠騎士」ヴィクソン+ミノタウロス+スフィンクスのデッキに非常に強い。
ヴィクソンのBPがいくら上がろうが、アタック時にレストして突破できてしまう。



スポンサーリンク

メイプルツォークの関連・競合カード

・プレイヤーを回復できるカード。

メイプルツォークを入れた自作デッキ

緑紫アラバスターデッキ
緑単貫通デッキ
緑単ランプデッキ
青緑コントロールデッキ
緑単色アラバスターデッキ
緑白デッキ

メイプルツォークのフレーバーテキスト

 ツォークたちの動きがあわただしくなったのは、ユグドラウォーカーと共鳴したためであった。
あわただしいツォーク、サルたちは千年に一度の見ものだと大喜びだったという。

考察
 なぜか、「黄金の果樹」ユグドラウォーカーは「デメテー」ではなく「ワイルドランド」で誕生してしまった。
その事実に気づくことができたのは、ツォークたちの共鳴のおかげかもしれない。

スポンサーリンク



フィールド・ミニオンまとめに戻る。
  ゼノンザードで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!