スポンサーリンク


ゼノンザードの紫コントロールデッキの概要

 ゼノンザードの紫には「死霊の子爵」オッドアイやウォールクラッシャーといったコントロール向きのカードが揃っている。
そこで紫コントロールデッキを作ってみたので紹介していく。

ゼノンザードの紫コントロールデッキの構成

 紫コントロールデッキの構成は以下の通り。
★をつけたカードはキーカード。

フォース
ウロボロス
(自分のターン終了時、自分のトークンでないミニオンを全てアクティブにできる。こちらのミニオンがアタックしても相手ターンでスキができないのが利点。)
フェニックス
(相手ターンにデストラクションなどのマジックで反撃するために採用。)

フィールド・ミニオン
・コスト10
九神龍「闘」アラバスター…2枚
(相手のフォースを破壊するほど効果による相手ダメージが増す。BP1200・DP3襲撃のスペックで勝負を決める時に使える。)
・コスト8
ウォールクラッシャー…2枚
(紫マナが4マナ揃っていればアタック時に4コスト以下を破壊できる。相手フォースを破壊するほどBPとDPが増す。)
・コスト7
「死霊の子爵」オッドアイ…3枚
(破壊時効果が凄まじく、相手のミニオン1体とフォース1つを破壊可能。ウロボロスによりアタック後は相手を強くけん制するブロック要員となる。)
・コスト6
「大公爵」アシュテロト…2枚
(コスト3以下をトラッシュからフィールドに出す。コスト以外に制限がなく無色の「輪の鼠騎士」リングも出せる。)
・コスト4
モンスター・ブック…2枚
(このデッキの柱である「死霊の子爵」オッドアイが手札にくる可能性を上げるために採用。)
・コスト3
「輪の鼠騎士」リング…3枚
(コスト3でバトル時は効果によりBP600となる。序盤~中盤の攻守の要となるカード。)
「導きの女王」キャサリン…3枚
(連携による手札補充要員。さらに相手フォース破壊時にも手札補充とマナ加速ができる。)
・コスト2
ツインテールキャット…2枚
(奪命持ちでアタックでは相討ちがとれ軽量。相手を攻める時に役立つ。BP200と低いが軽量なので守りに使っても問題ない。)
・コスト1
マッドール…3枚
(デメリットつきとはいえコスト1でBP300あり、序盤のブロック要員&マナ送り要員として役立つ。いざとなったらアタックも可能。)
荒野の旅人…3枚
(タナトスの亡者を手札に持ってくる。パンデミックや「死霊の子爵」オッドアイなど紫マナの要求数が多いカードが多くあるため重要度が高い。)
盾持ちゴブリン…1枚
(BP300と序盤の守りにある程度使える。もちろんマナ送り要員&使い捨てブロックでも役立つ。)


ベース・ミニオン
タナトスの亡者…3枚
(紫マナになる。ウォールクラッシャーの効果発動には紫マナが4つ必要であることを覚えておこう。)
タナトスの守護者…3枚
(紫マナになる。フェニックスが破壊されたとしても、相手ターンのフラッシュタイミングでマジックによる反撃がやりやすくなる。)

マジック
・コスト8
パンデミック…2枚
(フィールドにいるミニオンを全て破壊する。相手ミニオンの数が多い場合や「死霊の子爵」オッドアイの破壊手段として使える。)
・コスト5
デストラクション…3枚
(守備の要。相手の大型はこのマジックを使って撃破しよう。)
・コスト3
リアニメート…3枚
(コスト4以下をトラッシュから出す。相手ターン時の守備に特に役立つカード。)

スポンサーリンク

ゼノンザードの紫コントロールデッキの立ち回り

 紫コントロールデッキの最初の手札には1コストのフィールド・ミニオン、ベース・ミニオン、先攻の場合は2コストのフィールド・ミニオン、
後攻の場合は3コストのフィールド・ミニオンが各1枚以上あるのが理想。
これらの条件を満たしていない場合はコストの高いカードを中心に交換するのがおすすめだ。
2ターン目には後攻の場合、「輪の鼠騎士」リングや「導きの女王」キャサリンを出していきたい。


「導きの女王」キャサリンについてはぜひ連携を発動させて出したいところ。 連携が使えないなら、別のミニオンを出すのも手。 先攻の場合や3コストフィールド・ミニオンが出せない場合には1~2コストのフィールド・ミニオンを出してマナにおいていこう。
1体はミニオンを維持して、もう1体をマナにおくようにできるのが理想だ。
ウロボロスがあるので、相手がスキだらけならばアタックしていくといい。
 3ターン目以降は自分の手札と戦況によって臨機応変に行動することが重要。
「導きの女王」キャサリンやモンスター・ブックを出して手札補充しつつ、紫4マナを目指してマナを貯めていこう。
相手が攻撃を仕掛けてきたらマジックなども活用してとにかく守ろう。
こちらのミニオンが倒されたとしても、「大公爵」アシュテロトやリアニメートで再度フィールドに出せる。


「死霊の子爵」オッドアイが出せたら攻撃に転じる。

フラッシュに手札戻しがある黄以外なら強気にアタックしていこう。
破壊時効果が凄まじく、相手がオッドアイを除去したりブロックで倒したりしてくれれば大損害を与えられる。
相手にはダメージを受けるか、BP400以下のミニオンでオッドアイを倒してしまわないようにブロックする選択肢もある。
特に、軽量ミニオンでブロックされ続け、オッドアイが破壊できないときつい。
厄介な軽量ミニオンの除去手段として、ウォールクラッシャーをデッキに入れている。

また、相手ミニオンが多い場合にはパンデミックで、自分のオッドアイごと破壊してしまうといい。

1~2つフォースが破壊できたら、九神龍「闘」アラバスターや戦闘力を増したウォールクラッシャーで勝負を決めにいこう。

 


スポンサーリンク

ゼノンザードの紫コントロールデッキの改造考察

 よりフォース破壊能力を上げるなら、クリムゾンメイルを追加するのがおすすめ。

序盤からフォース破壊を狙っていける。
フォース破壊による恩恵を受けるカードが少ないと思った場合にはシャドウハンド「黄金の果樹」ユグドラウォーカーを入れるといい。


防御を重視するなら、2コストのダンシング・カトラスを入れるのがおすすめ。

2コストで相手ターン時はBP400となるので序盤の守りとして役立つ。
代わりに減らすカードとしては、ツインテールキャット、モンスター・ブック、盾持ちゴブリンなどを選ぶのがおすすめ。


スポンサーリンク



デッキまとめに戻る。
  ゼノンザードで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!