スポンサーリンク


ロックマンは対策必須

 
 スマブラSPのロックマンは豊富な飛び道具を活かした遠距離戦が得意なファイターだ。
必殺技に加えて、弱攻撃やスマッシュ攻撃、空中攻撃なども飛び道具になっているものが多い。
飛び道具の数は全ファイター中ダントツの1位であり、遠距離攻撃のバリエーションは凄まじい。
加えて近距離戦でも使える技の数は少ないものの決して弱くない。
オンライン対戦で勝ちたいならロックマン対策は重要だ。

スポンサーリンク

ロックマン対策

 ロックマンは遠距離戦特化型のファイターと言える。
こちらが反射技や吸収技を持っているなら遠距離戦を挑むのも有効なロックマン対策となる。
だが、そうでないならロックマンとの遠距離戦では不利になることが多いので避けたい。
ロックマンの飛び道具を避けながら近づいて、近距離戦に持ち込もう。
弱攻撃・強攻撃のロックバスター攻撃や横スマッシュでの威力が高いチャージショット攻撃、
通常必殺技のメタルブレートなどを撃たれることが多いので注意して接近したい。
 
 ロックマンは近距離戦も決して弱くない。
発生が速めで攻撃範囲に優れ、スキも少ない空中前攻撃、発生が速い空中後ろ攻撃、
強力な対空撃墜技である空中上攻撃、メテオが可能な空中下攻撃、
発生が速い上スマッシュ攻撃、下必殺技のリーフシールドなどに特に注意が必要だ。
 
 
特に上スマッシュはシールドキャンセルからの反撃にもよく使われるため、
ロックマンに対し、安易に空中から攻撃するのは危険。
また、リーフシールドは周囲に攻撃判定が持続して出せるので注意。
展開中は安易に近づかないようにし、リーフシールドを飛ばしてくる可能性も考え、ガード・回避する準備もしよう。
 空中上攻撃は上方向へのリーチが非常に長い。
空中でこれを喰らうと早期撃墜されてしまう可能性もある。
ロックマンの上に位置する時は十分に注意し、あまり浮かないようにして攻撃を仕掛けていこう。
 空中下攻撃のメテオも脅威。
下に手を飛ばす技で、離れた距離からメテオしてくる。
発生は遅いので、ロックマンの動きをよく観察して喰らわないようにしたい。
 ロックマンの近距離技は性能は低くないが、攻撃後のスキが多い技が多いのが弱点。
ガード、回避、シールドキャンセルからの反撃を積極的に行っていくことが有効なロックマン対策となる。
ロックマンは技のほとんどを飛び道具が占めているため、近距離技は少なく、読みやすい。
ロックマンの動きをみて、的確に反撃していこう。
 ロックマンの復帰技となる上必殺技のラッシュコイルは復帰距離は長い。
だが、復帰軌道が読みやすい上に、復帰技はこの1つのみ。
ロックマンの動きをよくみて復帰阻止をしかけていけば決まりやすく、有効なロックマン対策となる。
 
スポンサーリンク




強いファイター対策まとめに戻る。
  スマブラSPで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク