スポンサーリンク


パラディンズのジン(Zhin)の概要

初心者オススメ度★★★☆☆ 中級者以上オススメ度★★★★★
 
タイプ:フランク
ヘルス:2000
移動力:390

 パラディンズのジン(Zhin)はフランクのチャンピオン。
剣を使って攻撃を繰り出すため、射程が短く、近距離戦に持ち込む立ち回りが重要。
さらに、近付いたところで火力はフランクの中では低い。
だが、防御・移動アビリティが3つもあるため、フランクとしては非常に死にずらい。
キルしつつ、しぶとく生き残ることでデスを減らすことができれば味方に大きく貢献できる。
ジン(Zhin)の各アビリティの詳細、タレント、ロードアウト、立ち回りについて紹介していく。

インフェルノブレイド(LMB・ZR・R2)

 2秒間で、1回目・2回目に450ダメージ、3回目に700ダメージの斬撃を放つ。
弾倉9発

考察
 ジン(Zhin)の基本攻撃で、剣を振って斬撃を繰り出す。
 
最初の2発は横斬りであり、横に当たり判定が長い斬撃を撃ちだすので命中率に優れる。
3発目は威力は高いが縦斬りの斬撃であり、横に辺り判定が狭くなるので当てずらい。
この3発目を当てられるかどうかが火力を出す上で非常に重要なので、特にエイムをしっかりあわせよう。
斬撃は弾速はそこそこだが、射程は短く近距離までしか届かない。
しかし威力減衰はないので、斬撃が届く距離に敵がいるなら、これ以上距離を詰める必要はない。
火力は高くないので、正面から撃ちあうと撃ち負けることが多い。
移動アビリティで距離を詰めた後の奇襲で使ったほうがいい。
不利を感じたり敵の反撃を受けたら攻撃を中止し、移動アビリティで逃走したりカウンターを使うなど
臨機応変に行動することが大切だ。

スポンサーリンク

カウンター(RMB・ZL・L2)

  1.5秒間カウンター態勢をとる。正面からの敵の攻撃を無効にし、600ダメージの反撃をする。
クールダウン7秒

考察
 ジン(Zhin)の強力な防御アビリティ。
 
攻撃を受けた後、瞬時に反撃が出る上に弾速も速い。
ただし、斬撃の射程距離が短く、近距離でしか届かない。
中~遠距離からの攻撃に対しては反撃しても届かない上に、反撃することでカウンターを終了してしまうので相性が悪い。
近距離戦での撃ちあいでの防御兼攻撃手段として用いるのがいい。
また、即死級のアルティメットに対しても大抵の場合無効化することができるので非常に有用。
側面や背後からの攻撃は防げないので注意しよう。

旋回(F・ZL・R1)

  剣を回転させながら前に進み、近くの敵に400ダメージを与える。
クールダウン7秒

考察
 ジン(Zhin)の移動兼攻撃アビリティアビリティ。
 
距離を詰めつつ斬りこめるため重宝する。
また周囲を攻撃するため、囲まれた状態で敵複数に打撃を与えつつ離脱するといった動きも可能。
クールダウンも7秒と比較的短く使いやすい。

スポンサーリンク

大波(Q・R・L1)

 1.5秒間、体が煙のような見た目になり、移動速度が30%上昇して無敵になる。

考察
 強力な移動兼防御アビリティ。
 
無敵かつ移動速度が上がるため、強引な距離詰めや逃走、他のアビリティのクールダウン回復までの時間稼ぎなど
様々なことに使うことができる。
発動中はジャンプはできるものの攻撃はできない点に注意。
また、クールダウンが15秒と長いのでここぞという時に使いたい。

悪意(E・X・△)

  前方に突進後ぶつかった敵を無力化、その後無力化した敵を打ち上げ1.5秒で2000ダメージを与える。

考察
 超高速で前進し、ぶつかった敵に対して連続で斬りつけて吹き飛ばす。
 
ダメージは2000なので、ヘルス満タンのチャンピオンの多くは倒せない。
一方で前進距離はインフェルノブレイドの斬撃とほぼ同等あり、高速で近づくため回避されることはほぼないことが長所。
エイムさえあってれば確実に1体に2000ダメージ与えられると考えると強い。
向いている方向に前進するため、空中へ向かって突進することもできる。
空中の敵に攻撃を当てたり、かなりもったいないが高低差がある場所への移動手段としても使える。
空振りした場合にはアルティメットが30%残る。

スポンサーリンク

ジン(Zhin)のタレント

ギロチン
(悪意が敵の最大ヘルスの25%×5回の確殺技となり、発動中は被ダメージ無効になる。Ultのチャージ率が15%上昇する。)

 「悪意」による攻撃が、当てれば相手が誰でもほぼ確実に一撃で仕留められるようになる強力なタレント。
無敵状態や回復などで一撃で仕留められないこともありうるが、
悪意の攻撃速度が速いため、まず防がれることは少ない。

ヨミ
( インフェルノブレイドの3段目の斬撃が敵を貫通するようになり、ダメージが150増加し射程が無制限になる。)

 メインウェポンの3つ目の斬撃がダメージ増加し、射程が無限になり、斬撃が貫通するようになる。
だが、ダメージ増加量が150という微妙な増加量なのが欠点。
弾速が遅くはないがそれほど速いわけでもないので、射程が伸びても遠距離戦には対応しずらい。
中距離以遠の敵を狙うなら、移動先を読んで撃とう。
他のタレントのほうが強力なのであまりおすすめできない。

くすぶる炎
(大波発動中、毎秒最大ヘルスの33%を回復する。)

 移動速度上昇&無敵の「大波」が回復手段にもなる。
「大波」の発動時間はデフォルトで1.5秒なので、ヘルスを50%近く回復できる計算になる。
さらに、「大波」の発動時間をカードで伸ばしてやると回復量も増える。
ジン(Zhin)の生存能力が大幅に増す、非常に強力なタレントなのでおすすめだ。

スポンサーリンク

ジン(Zhin)のロードアウト

扇動
(レベル1時点でキル時、大波のクールダウンを20%短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が20増加。)

残り火
(レベル1時点で大波発動時、1発弾を生成する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)

隠れ家
(レベル1時点で大波を使用すると旋回のクールダウンが1秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)


雲散霧消
(レベル1時点で大波の移動速度が10%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

剣の舞
( レベル1時点で旋回の移動距離を10%伸ばす。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

火に油
( レベル1時点で旋回発動時、2秒間5%のHP吸収を得る。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が5増加。)

点火
( レベル1時点で旋回を発動すると、1発弾を生成する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)


野生の炎
( レベル1時点で旋回を敵に命中させると、旋回のクールダウンを1ヒット当たり0.5秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.5増加。)


スポンサーリンク

完封
( レベル1時点でカウンターの反撃モーション発生時、ヘルスを100回復する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が100増加。)

師の風格
( レベル1時点でカウンターの反撃モーション発生時、旋回のクールダウンが1秒短縮される。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)
 
獰猛
( レベル1時点でカウンターの反撃モーション発生時、2発の弾を生成する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が2増加。)

身のこなし
( レベル1時点でカウンターを発動すると、3秒間移動速度が10%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

ドラゴンオイル
( レベル1時点で最大装弾数が1増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)

怨念
( レベル1時点でリロード速度が5%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が5増加。)

汚名
( レベル1時点で最大ヘルスが50増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が50増加。)

非情
( レベル1時点でキル後4秒間移動速度が10%速くなる。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)


ロードアウト考察
 ジン(Zhin)のロードアウトに組み込む上で特におすすめできるのは「扇動」と「隠れ家」。
「扇動」があれば1キルするだけで、クールダウン15秒の大波を大きくクールダウン短縮できる。
レベル4にしておけば、キル後にクールダウンがほぼ消え、すぐに大波を使って離脱することができる。
「隠れ家」があれば大波使用時に、旋回のクールダウン短縮ができ、更なる逃走や攻撃に使いやすくなる。
特にタレントの「くすぶる炎」を使うならこの2つは必須級だ。
 「野生の炎」もおすすめ。旋回を当てることで旋回のクールダウン短縮ができる。
「扇動」、「隠れ家」、「野生の炎」があればほとんどの時間移動アビリティで移動するといった立ち回りができるようになる。
 クールダウンが短めの旋回で弾補充ができるようになる「点火」もおすすめ。
 旋回の移動距離が足りないというプレイヤーは「剣の舞」を入れるといい。
 ヘルスが低めなので、「汚名」で補強してやるのもおすすめだ。

スポンサーリンク

ジン(Zhin)の立ち回り

 ジン(Zhin)を使う時に重要なのは近距離戦に持ち込むこと、できるだけ奇襲すること、倒されないことの3つ。
 
メインウェポンが届く距離まで移動アビリティも駆使して側面や背後から攻撃を仕掛けよう。
中距離以遠で敵と遭遇した場合はアビリティで強引に距離を詰めるか、一旦逃げるなどして倒されないようにしたい。
火力が高くなく敵をキルするまでに時間がかかるので、攻撃している間に不利になったり、敵が逃走を図ったりして状況が変化する場合がある。
状況の変化にあわせて、「カウンター」、「旋回」、「大波」を使っていこう。
アビリティを駆使して、しぶとく生き残り続け、敵に攻撃を繰り返してキルをもぎとっていくのが理想。
派手さはないが、敵チームからすると厄介この上なく、チームに大きく貢献できる。


スポンサーリンク



チャンピオンまとめに戻る。
フランクまとめに戻る。
  パラディンズで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク