スポンサーリンク


パラディンズのマルダンバ(Mal'Damba)の概要

初心者オススメ度★★☆☆☆ 中級者以上オススメ度★★★★★
 
タイプ:サポート
ヘルス:2200
移動力:370

 パラディンズのマルダンバ(Mal'Damba)、はサポートのチャンピオン。
サポートとしては火力が高い。
移動アビリティも備えており、しぶとく立ち回りができる。
回復量はそれほどでもないが、遠距離の味方まで回復が可能なのが特徴。
扱いは難しいが、上手く使えば攻撃でも回復でも活躍できる。
マルダンバ(Mal'Damba)の各アビリティの詳細、タレント、ロードアウト、立ち回りについて紹介していく。

毒吐きコブラ(LMB・ZR・R2)

 毒液を発射し、0.55秒間隔で450ダメージを与える。
リロード時にコブラを投げ、200ダメージと1秒のスタンを与える。(一度スタンさせた相手は3秒間再スタンしない。)
弾倉10発

考察
 マルダンバ(Mal'Damba)のメインウェポンで放物線を描いて飛ぶ毒液を発射する。
 
サポートとしては火力は高い。
ただし、弾が下に落ちていくので中距離の敵には基本的には届かず、
弾速も遅いため、距離が離れるほど命中させずらくなる。
ただし、若干上を向いて撃てば、中距離の敵にも当てることは可能。
威力減衰もないので、上手く敵の移動先を読んで撃つ技術があるなら中距離戦もある程度はできる。
 リロード完了時にコブラを飛ばすのも特徴。
コブラも毒と同様に放物線を描いて飛ぶが、弾速は速くなく、毒より下に落ちるのが早いため射程距離も短い。
さらにリロード時間も約2.2秒と長い。
リロード時間終了までは遮蔽物に隠れたりしてしのぎ、
リロードが終わる直前に出て、コブラを当てるという立ち回りが必要。
リロード時間短縮のアイテムを買うのも手。
当てるのは大変だが、当てれば200ダメージ+1秒スタン。
さらに追撃してダメージを与えることができるので有用。
練習して命中させられるようにしたい。

スポンサーリンク

修復の精霊(RMB・ZL・L2)

 5秒間、仲間を毎秒280回復する精霊を召喚する。
クールダウン3秒

考察
 ビームを放ち、味方に当てると5秒間で合計1400回復する。
回復量は多くはなく、回復するのにエイム力が要求されるのが欠点。
一方で射程が長く、遠距離の味方にも回復が届く。
クールダウンも短いので、できるだけ見晴らしのよい場所で味方のヘルスを確認して、
味方が少しでもダメージを受け次第撃っていくといい。。

這いずり(F・ZL・R1)

  前方に素早く這いずる。効果時間中は無敵になる。
クールダウン8秒

考察
 マルダンバ(Mal'Damba)の防御兼移動アビリティ。
 
移動時間は1秒ほどで移動距離もそれほど長くはない。
だが、効果時間中は無敵なので、回避や逃走、あるいは強引な追撃に役立つ。

スポンサーリンク

ひょうたん(Q・R・L1)

  毒液に満ちたGourdを投げる。味方には毎秒300回復、敵には毎秒200ダメージの効果。
クールダウン10秒

考察
 毒の沼を作り出す爆弾を投げる。
 
爆弾は放物線を描いて飛び、壁に当たると跳ね返る。
普通に投げると近距離にしか届かないが視点を若干上に向けて投げることで射程をある程度伸ばせる。
敵にぶつかるか地面に落ちると周囲に毒沼が約5秒間形成される。
攻撃にも回復にも使える汎用性の高いアビリティ。
中でも敵と味方が入り乱れ混戦となっている場合に投げ込めば、攻撃と回復を同時にこなせるため効率が良い。
また、リロードで放つコブラでスタンさせ、そこに「ひょうたん」を投げ込むことでダメージ稼ぎをする戦法もできる。
クールダウンは10秒あるが、毒沼形成中でもクールダウンは進行していくため、それほど長くはないと言える。

ドレッドサーペント(E・X・△)

 地表で爆発する邪悪な壺を発射し、範囲内の全ての敵チャンピオンに2秒間恐怖状態を付与する。

考察
 闇のエネルギーを前方に出現させる。
 
闇のエネルギー周辺にいる敵はTPS視点になり、着弾点から離れるように強制的に移動させられる。
場外を狙える他、自由に動けない敵に追撃も可能。
追撃する場合には自分1人では大したことはできないので、味方の援護が期待できる状況で出したい。

スポンサーリンク

タレント

選ばれし精霊
(修復の精霊に当たった仲間は即座に300回復する。)

 修復の精霊の微妙な回復量を強化できるタレント。
味方を回復させたが回復が間に合わず倒されてしまったということが減る。
サポートに特化したいならこのタレントを選ぶといい。

ウェコノの呪い
(修復の精霊を敵に当てると2秒間560ダメージを与える効果を追加する。)

 修復の精霊が回復効果はそのままに、攻撃にも使えるようになる強力なタレント。
ビームは真っすぐ飛ぶ上に即着弾、射程無限、威力減衰なし、シールド貫通という凄まじい性能を持つ。
デフォルトでは近距離でしか有効な攻撃手段がないマルダンバ(Mal'Damba)にとって中~遠距離での攻撃手段が増えるのは強力。
近距離火力の上昇にも使える。
一番おすすめできるタレントと言える。

ウェコノの憤怒
(リロード時に射出する蛇のスピードが上がり、ダメージが500増加する。)

 リロード時の蛇の威力が200→700に増加し、弾速も上がる。
火力を上げるのに役立つ。
これを使うなら、「器用な手」のアイテムを購入してリロード速度を上げ、
毒吐きコブラを1発撃ってはリロードを繰り返す戦術をとるといい。

スポンサーリンク

マルダンバ(Mal'Damba)のロードアウト

ピリ辛ひょうたん
(レベル1時点で ひょうたんを使用するとヘルスが75回復する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が75増加。)

大量のひょうたん
(レベル1時点で ひょうたんのクールダウンを0.5秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.5増加。)

毒ひょうたん
(レベル1時点でひょうたんの範囲内にいる自身と仲間に、6%のヘルス吸収を付与する。。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が6増加。)

軽量ひょうたん
(レベル1時点でひょうたんの弾速が10%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

リミナルパッセージ
( レベル1時点で 這いずりの移動距離が10%拡大する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

一瞬
( レベル1時点で這いずりのクールダウンを0.5秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.5増加。)

異世界
( レベル1時点で這いずり後の3秒間、移動速度が10%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)


精霊の気配
( レベル1時点で 這いずり発動時に50ヘルス回復する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が50増加。)


スポンサーリンク

不気味な存在
( レベル1時点で修復の精霊が着弾しなかったとき、修復の精霊のクールダウンを0.5秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.5増加。)

儀式魔法
( レベル1時点で味方に修復の精霊の効果があるとき、毎秒15の自己回復を受ける。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が15増加。)

 
憑依
( レベル1時点で味方に修復の精霊の効果があるとき、自身が受けるダメージを4%軽減する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が4増加。)

敏速な精霊
( レベル1時点で修復の精霊に7%の移動速度上昇効果が追加される。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が7増加。)


ヘビ穴
(レベル1時点でリロード速度が5%減少する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が5増加。)

栄養
( レベル1時点で現在ヘルスが50%未満のとき、自身が受ける回復効果を8%増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が8増加。)

精霊へのお供え
( レベル1時点でエリミネーション時全スキルのクールダウンを10%短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

霊体
( レベル1時点で最大ヘルスが50増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が50増加。)


マルダンバ(Mal'Damba)のロードアウト考察
 マルダンバ(Mal'Damba)のロードアウトに組み込む上で一番おすすめできるのは「不気味な存在」 。
修復の精霊を外した場合に修復の精霊のクールダウンを短縮できる。
修復の精霊が当たるかどうかはエイム次第で、対象が動くと外す可能性はある。
外した場合の保険として回復目的ではもちろん、タレントの「ウェコノの呪い」で攻撃に用いた場合でも役立つ。
 這いずりを強化する「リミナルパッセージ」、「一瞬」、「異世界」、「精霊の気配」はどれも強力。
全てつけることで高速で移動しつつヘルス回復を繰り返しやすくなり、大幅に生存能力が上がる。
 「ウェコノの憤怒のタレントを使うつもりなら、リロード時間を短縮する「ヘビ穴」をつけるのもいい。
「器用な手」のアイテムも購入して、リロード時間を徹底的に短縮することで、毒→コブラ攻撃の連射がしやすくなる。

スポンサーリンク

マルダンバ(Mal'Damba)の立ち回り

 マルダンバ(Mal'Damba)で心掛けるべきなのは近距離戦に持ち込むこと。
メインウェポンもひょうたんも近距離で効果を発揮するアビリティだからだ。
「ウェコノの呪い」のタレントがあればある程度は中~遠距離戦もできるが、
そうでないなら、特に近距離戦に持ち込む立ち回りを意識しよう。
高めの火力と「修復の精霊」「ひょうたん」による回復を臨機応変に行いつつ、
危険を感じたら「這いずり」で逃走して生き延びよう。
味方とは一緒に行動したほうがいいが、多少離れていても「修復の精霊」の射程は長いので
味方を回復してやることは可能。
ある程度攻撃寄りに動いたり、自由に行動しても構わない。
攻撃と回復をバランスよく行うことでチームに大きく貢献できるチャンピオンだ。


スポンサーリンク



チャンピオンまとめに戻る。
サポートまとめに戻る。
  パラディンズで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク