スポンサーリンク


パラディンズのグローバー(Grover)の概要

初心者オススメ度★★★★★ 中級者以上オススメ度★★★★☆
 
タイプ:サポート
ヘルス:2300
移動力:365

 パラディンズのグローバー(Grover)、はサポートのチャンピオン。
味方の近くにいるだけで回復が可能で、アビリティ発動やアルティメットも周囲を回復する。
回復する相手を選んだり、回復を当てたりする動作が必要ないため、回復の難易度が低く初心者におすすめできる。
攻撃力は高くはないが、中~遠距離なら火力支援としては十分な性能を持つ。
ヘルスも2300と多めで、自身も回復できるだめ、しぶとく戦うことができる。
各アビリティの詳細、タレント、ロードアウト、立ち回りについて紹介していく。

投げ斧(LMB・ZR・R2)

 斧を縦に投げる。300ダメージ。投げた斧が遠くで当たるほど威力が高くなり、最大750ダメージ。

考察
 グローバー(Grover)の基本攻撃。
 
弾速は速くはないが、攻撃判定が広めで距離が離れるほど威力が上がる。
リロードも必要ないため、絶え間なく攻撃でき、中~遠距離では火力支援として十分な性能を発揮する。

スポンサーリンク

クリップリングスロー(RMB・ZL・L2)

 斧を横に投げて400ダメージ与え、1秒間クリップル状態にする。
クールダウン7秒

考察
 敵を移動アビリティが使えない状態にしつつダメージを与えられる。
動きまわるフランクなどに当てると効果大。 攻撃判定が大きく当てやすいので、投げ斧でダメージを与えた敵へのとどめにも有効。

ヴァイン(F・ZL・R1)

  植物のつるを投げ、最初に触れた味方または地形に引き寄せられるように移動する。
クールダウン8秒

考察
 つるを投げ、障害物または味方に当たれば、当たったものに引き寄せられるように移動できる。
 
なお、キャリー(ペイロード)に当てても移動できない。
逃走に使う際には何に当てるか瞬時に考えて撃つ必要がある。
つるが何も当たらなかった場合は移動失敗となるが、クールダウンが1秒ですむ。

スポンサーリンク

ブロッソム(Q・R・L1)

  常時、周囲の味方を毎秒80ヘルス回復する。アビリティ発動で周囲の味方のヘルスを900回復する。
クールダウン10秒

考察
 ブロッソムを発動してない状態でも常時ヘルスを回復できる。
周囲の味方だけでなく自身の常時回復手段。
グローバー(Grover)の耐久力を底上げしているアビリティ。
さらに、ブロッソムを発動することで自分と周囲の味方のヘルスを900回復できる。
 
ブロッサム発動についてはクールダウンが10秒あるが、その間もデフォルトの80ヘルス回復が途切れることはない。
味方の近くでグローバー(Grover)が生きているだけで、味方の役に立っていると言える。
自分が死なないことを最優先に行動することが大切だ。

旋風大回転(E・X・△)

 4秒間、周囲の味方を毎秒2500ヘルス回復する。

考察
 自身はTPS視点になり移動しかできなくなるが、回復量が非常に大きく、
よほどの集中砲火を受けない限り倒されることはない。
 
全滅寸前の味方がいる時にこれを使えば態勢を立て直すことができる。
また、発動中は状態異常に対する耐性がある。

スポンサーリンク

グローバー(Grover)のタレント

一斉開花
(ブロッソムの効果を受けた味方を3秒間にわたり1秒当たり150ヘルス追加で回復する。)

 効果の対象となるのは80ヘルス常時回復ではなく、ブロッソムを発動させた場合。
回復量を大きく強化できる。

どう猛
( 投げ斧の距離による威力上昇が60%増加する。)

 投げ斧が中~遠距離で脅威の性能を発揮するようになる。
最高で1200ダメージとなり、フロントライン以外なら2発で倒せるレベルになる。
味方の回復が簡単なので、攻撃に集中する余裕も十分にあるため、おすすめできるタレント。

地下の根
(クリップリングスローは1秒のあいだRoot効果を与えるようになるが、敵の間を反射するようになる。)

 クリップリングスローを当てると移動アビリティ使用を防ぐだけでなく、敵を移動不能にできるようになる。
敵を足止めしている間に味方と集中砲火を浴びせて敵を撃破するといい。

スポンサーリンク

グローバー(Grover)のロードアウト

そよ風
(レベル1時点でブロッソムで回復を受けた味方は4秒間移動速度を5%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が5増加。)

アンストッパブル
(レベル1時点でブロッソム使用後4秒間、受けるダメージを6%減少する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が6増加。)

多年生
(レベル1時点でブロッソムのクールダウンを0.5秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.5増加。)

緑空
(レベル1時点でブロッソムの効果範囲を10%拡大する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

オーバーグロース
( レベル1時点でヘルスが最大値の15%未満になるとヴァインのクールダウンをリセットする。30秒ごとに発動。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が15増加。)

ヴァイングラスプ
( レベル1時点でヴァインの射程を10%拡大する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

天来の機敏性
( レベル1時点でヴァインの引き寄せる速度を6%増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が6増加。)


自然の鋭敏
( レベル1時点でヴァイン使用後2秒間、移動速度を8%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が8増加。)


スポンサーリンク

チョッパー
( レベル1時点でクリップリングスローを敵に命中させるとヘルスを100回復する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が100増加。)

ピックアップ
( レベル1時点でクリップリングスローを敵にヒットさせるとヴァインのクールダウンを1秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が1増加。)

 
切り倒す
( レベル1時点でクリップリングスローのクールダウンを0.6秒短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が0.6増加。)

運命論
( レベル1時点でクリップリングスローを命中させると2秒間移動速度を10%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)


アドレナリン
( エリミネーションで全てのクールダウンを10%短縮する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が10増加。)

バークスキン
( レベル1時点で最大ヘルスを75増加する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が75増加。)

立ち直り
( レベル1時点でヘルスが最大値の50%未満のとき受けるヒール効果を5%上昇する。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が5増加。)

自然の力
( 最大ヘルスの50%以下になるとヘルス150のシールドが3秒発動する。クールダウン30秒。
レベルが1増加するごとに赤字部分の数字が150増加。)


ロードアウト考察
 ロードアウトに組み込む上で特におすすめするのは「アンストッパブル」と「多年生」
ブロッソム後の耐久力を上昇させ、次にブロッソムまでのクールダウンを短縮することで、味方と自身の生存率が大幅に高まる。
できれば、「緑空」も入れて、ブロッソムの効果範囲も上げておきたい。
タレントに「一斉開花」を選んでおくとさらに耐久を上げられる。
タレントに「どう猛」をつけ、火力支援を重視する場合には、
ブロッソム強化カード以外に「アドレナリン」を装備して、敵のキルに絡むことでクールダウンを短縮できるようにするといい。

スポンサーリンク

グローバー(Grover)の立ち回り

 グローバー(Grover)で心掛けるべきなのは、味方の近くにいること。
これだけで味方のヘルスを常時回復でき、サポートの仕事ができている。
後は味方のヘルスゲージをみて、大ダメージを受けた味方が出たらブロッソムを発動する。
回復する必要のない時には味方が攻撃している敵について投げ斧やクリップリングスローで攻撃しよう。
 
敵が近づいてきた場合は投げ斧の威力が低下して火力支援としての価値が低下する。
危険を感じたら隠れて、味方の回復をしつつ、敵が味方に処理されるのを待とう。
近付いてきた敵に攻撃された場合はヴァインを使って移動して、味方がいる場所まで逃走しよう。
味方の近くにいて生存できるように立ち回りをしていけば、活躍できる。


スポンサーリンク



チャンピオンまとめに戻る。
サポートまとめに戻る。
  パラディンズで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク