スポンサーリンク


FPSの撃ち合いのコツについて

 FPSでは敵と正面から出会った場合撃ち合いとなる。

撃ち合いの発生頻度はFPSゲームの種類や立ち回りにもよるが、全体的に高い。
サブマシンガンやアサルトライフルで敵がいる場所まで移動するという普通の動きをしていれば、頻繁に起こるといえる。
この正面からの撃ち合いで勝てるかどうかがキルレに大きく影響すると言える。
撃ち合いで強くなるコツを紹介していく。

スポンサーリンク

ピンを確認しよう

 FPSゲーム内でのコツの前に、正面からの撃ち合いでは回線の速さがものをいうことは覚えておこう。
大抵のゲームではピンを確認することができる。

ピンが最大までたっていれば問題ないが1~2ピンしかたたず黄色や赤色になっている場合は要注意。
この場合は、いくらこちらが速く射撃ボタンを押そうがそれが反映されるのが遅くなるので、理不尽な撃ち負けが発生しやすくなる。
また、敵の位置も遅れて表示されるため、動いている敵に対して銃弾が当たらないという事態も起こる。
 外人サーバーの場合は、ピンが小さいのは仕方ない。部屋を変えよう。
外人サーバーかどうかは、外人がボイチャでしゃべっていたり、プレイヤーIDが外人の名前になっていたりするのを見れば判断できる。
深夜や午前中など日本人があまりFPSをしない時間帯にプレイすると、外人サーバーに入れられやすいので注意しよう。
 外人サーバーではないのにピンが小さい場合は、通信環境に問題がある。
特にマイナーなネット回線だとピンが小さかったり不安定といった問題が起こることも多いので、できれば改善しよう。
また、無線ではなく有線にすることでも、通信環境が改善されることが多い。

スポンサーリンク

射撃ボタンに指をかけよう

 当たり前のことだが、射撃ボタンを押す速さは撃ち合いでの勝率に直結する。
大抵の人はできていると思うが射撃ボタンには常に指をかけておき、
敵が見えた瞬間、反射的にボタンを押せるようにしておこう。

感度を調整して銃弾の命中率を上げよう。

 エイムがあっていなければいくら速く射撃しようが、弾が外れ、撃ち合いに負ける。
FPSゲームではほぼ必ず感度を設定することができる。

自分にあった感度に調整してエイムを合わせやすくしよう。
ただし、感度は基本的に速いほうが、今の照準から離れた位置の敵に対して素早くエイムをあわせられるので有利となる。
自分が制御できる範囲でできるだけ速い感度を設定しよう。

スポンサーリンク

その武器はその距離で使うべきか?

 FPSゲームでは大抵の場合、アサルトライフル、サブマシンガン、ライトマシンガン、スナイパーライフル、ショットガンなどの武器種によって得意な交戦距離が異なることがほとんど。
例えばサブマシンガンなら連射力が高くキルタイムが速いが、中~遠距離距離では威力減衰が起きキルするのに必要な弾数が増えるのでキルタイムが落ちる。
サブマシンガンで近距離で撃ち合いをすれば勝てる可能性は高いが、中~遠距離で撃ち合えば当然負ける可能性が高い。
敵と出会ったら、適正距離であれば積極的に撃ち合い、もしそうでないなら逃げるといった臨機応変さが大切だ。
 また、そもそも適正距離以外で敵と出会う可能性を減らすことが大切だ。
サブマシンガンなら狭い道や屋内を通るようにすれば、得意な近距離戦になりやすい。

ライトマシンガンなら見晴らしのよい場所を移動すれば中~遠距離戦になりやすい。
 
交戦距離を調整することが撃ち合いの勝率を上げるための重要なコツといえる。

スポンサーリンク

最初からADSして移動しながら撃て

 FPSゲームでは多くの場合、射撃ボタンだけ押すと「腰撃ち」になり、ADSボタンを押すことでサイトを覗いて撃つ「ADS撃ち」が可能になる。


「腰撃ち」が有効なのは基本的に至近距離のみなので、「ADS撃ち」はほとんどの銃で最も多く使う撃ち方だと行っていい。
この「腰うち→ADS撃ち」への移行にかかる時間のことを「ADS速度」という。
ADS速度は武器種によって違い、一般的にサブマシンガンやハンドガンが一番速く、アサルトライフル、ライトマシンガンの順で遅くなっていく。
ADS速度が遅い武器ほど、敵と正面から遭遇した場合撃つまでの時間が遅れやすく撃ち合いで不利となる。
よってアサルトライフルやライトマシンガンを使う場合に特に重要な技術として、最初からサイトを覗きADS状態のまま敵と遭遇して撃つという方法がある。

これならADS速度が遅い問題がある程度解消される。
だが、ADS時はサブマシンガンやハンドガンなら比較的早く移動できるが、アサルトライフルやライトマシンガンになると移動速度が非常に遅くなり
攻め込む動きをする時には特に使いずらい。
だが、FPSゲームではADS移動時速度を速くできるアイテムとして「ストック」「ストーカー」といったものを装備できることが多い。
これらを装備すれば、アサルトライフルやライトマシンガンでもADS時に移動しながら撃ちやすくなる。
また、横移動しながらADS撃ちすることで、敵の銃弾をある程度回避できる可能性が高まる。
たとえ、ADS速度が速いSMGやハンドガンでも、敵がいるのがわかっているなら最初からADSしたまま移動して、敵を見つけ次第撃ったほうがキルタイムが速くなる。
敵がいるかもしれない場所はADSしたまま移動することが、撃ち合いで勝つコツだ。

ひたすら戦おう。

 今まで説明したことができているなら後はプレイを繰り返すのみ。
FPSを始めたばかりのうちは負けることも多いが、当たり前なので気にする必要はない。
何度も戦うことで、エイムの精度や敵を見つけてから射撃ボタンを押すまでの速さが強化されていく。
感度の速さにも慣れてくるので、少しずつ感度を速くしていくのもいい。
努力を続ければ、だんだん撃ち合いで勝てるようになってくる。

スポンサーリンク



FPSで勝つためのテクニックまとめに戻る。
  FPSで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク