スポンサーリンク


FPSのスナイパーライフルの立ち回りについて

 FPSゲームではスナイパーライフルという武器種がほぼ確実に存在する。

精密狙撃用のスコープがついており、威力減衰が存在しないのが特徴。
発射形式はボルトアクションとセミオートがある。
ボルトアクションは1発の威力が高く、ワンショットキルを狙えることが多い。
セミオートはワンショットキルを狙えないことが多いが、連射力が高い。
どちらの形式を使うかでも、とるべき立ち回りが違ってくるので紹介していく。

スポンサーリンク

ボルトアクションスナイパーライフルの立ち回り

 ボルトアクションスナイパーライフルは敵をワンショットキルできるのが大きな強み。

特に、クイックショット(スコープ展開の瞬間に撃つと弾が真っすぐ飛ぶ)をマスターしている場合、遠距離戦だけでなく近距離~中距離もある程度こなせるようになる。
とはいえ、クイックショットが成功しても、安定して敵をワンショットキルできるのは上級者でも一握りだ。
連射力が低いという弱点があるので、距離が近いほど外した場合に反撃で倒されやすい。
よって、近距離~中距離戦でのクイックショットは最後の手段として使い、
基本的には見晴らしの良い場所に位置して、遠距離戦に持ち込む立ち回りを心掛けたほうが成績が安定しやすい。
連射力が低いので、敵に気づかれている場合は1発撃ったら隠れる立ち回りがおすすめ。
大抵の場合足などに当たるとワンショットキルできないので、上半身をきっちり狙っていこう。
狙撃中は無防備になるので、罠系の装備を仕掛けておくといい。
 接近してきた敵の存在に気づけるので安心して狙撃できる。
敵の接近を察知したらクイックショットやハンドガンで排除しよう。

スポンサーリンク

セミオートスナイパーライフルの立ち回り

 セミオートスナイパーライフルは威力が低く、ワンショットキルが狙えないことがほとんど。
その代わり連射が効き、ボルトアクションと比べ当てる部位を気にする必要性が薄い。

そのため、ボルトアクションよりは初心者向けの武器と言える。
火力は指連射の速さに左右されることも多い。
中~遠距離戦で敵を見つけたらスコープを展開し大まかにエイムをあわせ、高速指連射して弾丸を撃ち込んでいこう。
当てさえすれば構わないので精密さはある程度あればいいので、エイムをあわせる速度を重視しよう。
ボルトアクションには劣るが威力が高めで、連射力が高いので壁抜きにも向いていることが多い。
弾の貫通力を上げる「FMJ」といった装備があることが多いので、
それをつけて壁抜きを積極的に行えば、隠れた敵も仕留めきりやすい。
近距離戦は苦手だが、連射が効くぶんボルトアクションよりはマシ。
特に劣悪な腰撃ち精度も関係ない超至近距離では、指連射で勝てる場合もあるので諦めないように。

スポンサーリンク



FPSで勝つためのテクニックまとめに戻る。
  FPSで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク