スポンサーリンク


FPSの遭遇戦について

 FPSでは自分だけ、または自分の相手の両方が、敵に出会うと思っておらず戦闘に突入する遭遇戦が起きることがある。

遭遇戦は基本的にはしないことが大事だ。
よく見ることと足音をしっかり聞くことを心掛け、敵と出会う前にこちらが敵の存在に気づくことが重要となる。
だが、気をつけていても遭遇戦になってしまう場合もある。
そこで遭遇戦を戦い抜く方法について紹介していく。

スポンサーリンク

敵との距離が近いなら腰だめ撃ち

 遭遇戦では敵との接触を想定はしていないので、基本的にADSしたまま移動していることはない。
走っているか歩いているかどちらかであることが多い。
不意に敵と遭遇し、特に走っていた場合には「走るのをやめる→ADS→撃つ」といった行動が必要になり時間がかかる。
普通にADSをして撃った場合、敵もこちらの存在を知らずに走っていたのなら互角だが、そうでないならまず撃ち負ける。
敵が近距離にいる場合は腰だめ撃ちをしたほうが良いことが多い。

これなら「走るのをやめる」という行動のみで撃てるので、少し早く撃ち始めることができる。
ただし、腰だめ精度は武器によって大きく異なる。
SMGやハンドガンなどは腰だめ精度が良いことが多く、腰だめ撃ちを積極的に使えるが、
腰だめ精度がよくないアサルトライフルやライトマシンガンでは至近距離戦のみ腰だめ撃ちをするようにしたほうが良いことが多い。

スポンサーリンク

常にADSしたまま移動するのも選択肢

 敵がいる可能性が低くとも、絶対に敵がいない保証がない限り、ADSしたまま移動するのもFPSによってはアリだ。

FPSの中には「ストック」や「ストーカー」といったADS時の移動速度を上げる装備がある。
これをつければADSしたままでも、そこそこの速さで移動できる。
ADS時の移動速度が元々遅いアサルトライフルやライトマシンガンであれば、
「ストック」や「ストーカー」をつけても、常にADS移動できるほどの速さは得られない。
敵がいる可能性が高い場所のみADS移動して撃つという使い方になるだろう。
だが、元々ADS時移動速度が速いサブマシンガンやハンドガンにつけた場合には
常にADSして移動して撃つことも可能になる。
遭遇戦だろうが常にADSしていればスキは生じず、不利になりずらい。

スポンサーリンク

敵との距離が遠いなら隠れる

 敵と不意に遭遇したが、距離が遠い場合は隠れたり逃走を図るのもアリ。
体力が非常に多いCOD BO4では極めて有効な戦法。
特に中距離以遠で弱いサブマシンガンやショットガンは過去作では何もできずに倒されていたが、
COD BO4では生き残れることが多くなり、過去作に比べ大幅にデスが減少したプレイヤーが多い。
一方で、体力が低いFPSでは隠れるのが間に合わず倒されることが多くなってしまう。
2019年10月25日発売のCOD MWではCOD BO4よりも体力は下がる。
敵との距離が遠い状態で遭遇戦になり、COD BO4と同様に隠れようとすると、倒される危険が高いので注意しよう。

スポンサーリンク



FPSで勝つためのテクニックまとめに戻る。
  FPSで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク