スポンサーリンク


FPSで初心者がまず使ってみるべき武器

 FPSをこれからやろうとしている初心者プレイヤーがどの武器を使うかは非常に重要。
ずばり、おすすめはアサルトライフルかサブマシンガンだ。


その理由を紹介していく。

スポンサーリンク

初心者はアサルトライフルがおすすめ


 初心者にアサルトライフルを勧めるのには大きく分けて2つの理由がある。
 1つ目は適正交戦距離が広いということ。
FPSゲームやアサルトライフルの種類によるが、大抵、近距離~中距離戦で戦える。
あるいは中~遠距離戦型のアサルトライフルもあることが多い。
初心者のうちは予期せず敵と遭遇することが多々あり、想定していなかった距離で戦う羽目になることも多い。
ショットガンやスナイパーライフルなど交戦距離が限定されている武器だと何もできずに倒されてしまうだろう。
アサルトライフルなら適正交戦距離が広いので、そういった戦闘でもある程度戦うことができる。
 2つ目の理由としては単純に強いということがあげられる。
今まで10作以上のFPSをやってきたが、アサルトライフルが弱かった作品は1つもない。
どの作品でもアサルトライフルが必ず強武器の1つになっていた。
ひとまずアサルトライフルを使っていれば間違いないと言い切れる。

スポンサーリンク

初心者はサブマシンガンがおすすめ


 初心者にサブマシンガンを勧めるのには大きく分けて2つの理由がある。
 1つ目は戦闘回数が増えるということ。
機動力が高く近距離火力が高いため、自然と敵陣に突っ込んでいく立ち回りになる。
結果的に敵と戦う機会が増え、初心者にとって何より大切な経験値を得ることができる。
 2つ目の理由としては使いやすいということ。
ADS速度や腰撃ち精度がいいので、狭い場所さえ移動していれば、初心者が陥りやすい不意の遭遇戦でもある程度戦うことができる。
 ただしサブマシンガンの弱点としては作品によって強さが不安定ということが挙げられる。
CODシリーズでいえばMW2、BO、BO2、WW2などはサブマシンガンの性能が低く、苦戦を強いられた。
例えば、近作のCOD WW2の場合、ほとんどのサブマシンガンよりアサルトライフルのBARのほうがキルタイムが速く、
サブマシンガンなのに肝心の近距離で負けることが多かった。
また、焼夷弾コンバットショットガンの1発キル射程が長く、多くのサブマシンガン使いが一方的に狩られていった。

初心者がサブマシンガンを使う場合、その作品でサブマシンガンが弱武器となっていないかは確認したほうがいい。

スポンサーリンク



FPSで勝つためのテクニックまとめに戻る。
  FPSで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク