スポンサーリンク


FPSの回避行動について

 FPSでは立ち止まって射撃していると、被弾率が上がり、不利になることが多い。
そこで、回避行動をとることが重要になる。
回避行動のとり方について紹介していく。

基本的な回避行動のとり方

 基本的に、敵から見て左右に動くように回避行動をとるようにしよう。
立ち止まっている時より敵が弾を外す可能性が高くなる。
撃ちあいもする時にも回避行動をとりながらADS撃ちすることで、ある程度の敵弾を回避しつつ敵を攻撃できる。
 
アサルトライフルやライトマシンガンはADS時移動速度が遅い。
だが、「ストック」や「ストーカー」といった装備をつけてADS時移動速度を補ってやると、ADS横移動撃ちの際の回避率をある程度確保できる。
 
横に移動しつつ腰だめ撃ちをすれば、ADS撃ちより機動力が高いため、回避率も上がる。
 
ただし、移動時ではクロスヘアが広がるので、武器種にもよるが至近距離~近距離でしか使えない点に注意しよう。
スナイパーなどが相手の時には回避行動にジャンプを混ぜるのも非常に有効。
ジャンプ中は移動速度が高まり、身体全体の高度が高くなるので、
スナイパーライフルの弾の威力が下がる下半身に当たることが多くなり、ワンショットキルされるのを防ぐことができる。
回避行動をとっても攻撃を完全に回避し続けるのは難しい。
一方的に狙われている場合は遮蔽物に向かって移動して回避行動をとり、少しでも早く隠れよう。

スポンサーリンク

敵に見つかっているのか、そうではないのか判断しよう。

 回避行動をとるかどうか正確に判断することが重要。。
敵を見つかっていないのに回避行動をとれば、敵の視界にとらえられ見つかってしまう可能性が高い。
また、足音によって存在がばれてしまうこともありうる。
よって、敵に見つかってない場合には意味のない動きは控えるべきだが、
自分は見つかっていないと思っていても、敵には見つかっていたという場合もある。
敵の位置はわかっていないが、UAVやマップの構造からほぼ確実にこちらの位置がばれているという場合は
ある程度移動して回避行動をとり、敵を探して狙撃していったほうが、敵の狙撃による被弾を防ぐことができる。
 

スポンサーリンク

移動力を上げろ。

 大抵のFPSでは「ライトウェイト」など機動力を上げる装備がある。
機動力が上がれば、当然回避行動をとった時の効果が増す。
特に元々の機動力が高いサブマシンガンやハンドガンの移動能力をさらに上げてやれば、高い回避能力を手に入れることができる。
 
逆にライトマシンガンなど元々の機動力が低い武器種の場合は
たとえ機動力を強化しても、上昇量が少ないことが多く、他の項目を強化するのに装備を使ったほうが良いことが多い。

スポンサーリンク



FPSで勝つためのテクニックまとめに戻る。
  FPSで強くなりたい!勝ちたい!それならまず知識から。

page topから各メニューを選択!



スポンサーリンク