スポンサーリンク



タチフサグマ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 タチフサグマはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。
育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
タチフサグマ9390101608195520

タイプ:悪・ノーマル
4倍弱点:格闘
2倍弱点:フェアリー・虫
1/2軽減:
1/4軽減:なし
効果なし:ゴースト・エスパー

特性:すてみ
   こんじょう
   まけんき(隠れ特性)

タチフサグマの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
物理アタッカー型
パワースワップ型
壁張り型
パーティメンバー考察
対策

スポンサーリンク




目次にもどる

タチフサグマの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のタチフサグマは悪・ノーマルという希少なタイプを持つ。
悪とノーマルをタイプ一致で撃て、ほとんどの相手に等倍以上のダメージを与えられる。
一方防御面はもろく、無効タイプは2つあるが、半減は1つしかなく、かくとうで4倍ダメージを喰らってしまう。
種族値は突出した能力値ほどないものの、使わない特攻が低く後の能力値は高めなのでいい配分と言える。
攻撃はそこそこだが、3つの特性のどれを選んでも火力を上げられるので、攻撃性能は高い。
特に特性「こんじょう」で「かえんだま」を持たせれば高火力がだせ、状態異常に強く、
耐久・素早さも高めなので、強力な物理アタッカーとなる。
「かえんだま」+「すりかえ」や「ブロッキング」など補助技も強力。
格闘4倍の弱点を突かれないよう注意して立ち回りをすればアタッカーとして活躍しやすい。

スポンサーリンク




目次にもどる

タチフサグマの特性

 こんじょう
(状態異常のときに攻撃が1.5倍になり、やけどによる物理技威力低下を無視する。)

 すてみ
(反動を受ける技の威力が1.2倍になる。)

 まけんき(隠れ特性)
(相手に能力を下げられた時、攻撃が2段階上がる。)

考察
 一番優先度が高いのは「こんじょう」。
状態異常時に威力が上がるタイプ一致技「からげんき」を覚える上に、
「こんじょう」を発動するための時間稼ぎができる「ブロッキング」や使用した「かえんだま」を相手に押し付けられる「すりかえ」も使える。
「こんじょう」を活かせる技を多く覚えられるので、迷ったらこれを選ぼう。
 次に優先度が高いのが「すてみ」。
タイプ一致反動技の「すてみタックル」の火力を上げられる。
 「まけんき」は発動が受動的。
ダイマックス技や「いかく」など能力を下げられる機会は決して少なくはないのだが、
能力を下げられなかった場合は何1つ恩恵をもたらさない。
「こんじょう」と「すてみ」が強力なこともあり、優先度は低め。


スポンサーリンク




目次にもどる

タチフサグマの技考察

物理技
技名タイプ威力命中効果備考
からげんき70・140100自身状態異常で威力2倍。タイプ一致技。特性「こんじょう」で「かえんだま」を持たせる場合にはメインウェポンとなる。
すてみタックル120100自身反動ダメージ1/3。タイプ一致技。反動は痛いが威力は高い。特性「すてみ」で威力を強化することができる。
はたきおとす65・97100相手が道具を持っている場合除去・威力増加タイプ一致技。メガシンカがないポケモン剣盾ではより多くの相手に有効。特性「ねんちゃく」のみ注意。
じごくづき80100相手は2ターンの間、音技が使えなくなる。タイプ一致技。威力は低めだが命中安定の技。音技を持っている相手も多く、時には刺さることもある。
インファイト120100自身の防御と特防が1段階低下。威力が高く命中安定のサブウェポン。ただし、そこそこある耐久を削ってしまう。
クロスチョップ10080急所ランク+1インファイトと比べ耐久を下げずにすむが、威力と命中が下がってしまっている。
ダストシュート12080毒30%命中不安だが威力は高い。苦手なフェアリーに有効。
アイアンテール10075防御↓30%苦手なファアリーに刺さる。ただし命中がかなり不安。
ほのおのパンチ75100火傷10%。命中安定だが、威力が低い。ナットレイに刺さる。
れいとうパンチ75100氷10%。威力が低いが命中100。ドラゴンに刺さる。
かみなりパンチ75100麻痺10%。威力が低いが命中100ある。ギャラドスに刺さる。
タネばくだん80100なし威力は低めだが、トリトドンに刺さる。


スポンサーリンク




補助技
技名タイプ命中効果備考
すりかえ100自分と相手の持ち物を交換する。相手の持ち物を奪い、「かえんだま」やこだわり系アイテムを相手に押し付ける。特に耐久型の相手に刺さる。
ブロッキング-相手の攻撃から身を守り、直接攻撃をしてきた相手の防御を2段階下げる。相手の攻撃読みで使っていく。決まれば次ターンから大ダメージを与えていける。「かえんだま」によるこんじょう発動の時間稼ぎとしても使える。
ちょうはつ1003ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。相手の耐久型、サポート型のポケモンに有効。
すてゼリフ100相手の攻撃と特攻を1段階下げ、控えのポケモンと交代する。起点作りとして有効。



スポンサーリンク




目次にもどる

こんじょうアタッカー型タチフサグマ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2522520004

性格:いじっぱり(攻撃↑・特攻↓)
特性:いたずらごころ
道具:いのちのたま、くろいメガネ、たつじんのおび、オボンのみ
確定技:ふいうち・ソウルクラッシュORじゃれつく
優先攻撃技:アームハンマーORかわらわりORドレインパンチORばかぢから・ほのおのパンチ・じだんだ
選択攻撃技:DDラリアット・かみなりパンチ・れいとうパンチ
補助技:ビルドアップ・でんじは・リフレクター・ひかりのかべ・みがわり・ちょうはつ・いちゃもん・トリック

 高い攻撃を活かして物理アタッカーとして戦うタチフサグマ。
どうぐはふいうちの一撃でドラパルトを倒せる威力を1.2倍以上に上昇させるアイテムを選びたい。
よって、いのちのたま、くろいメガネ、たつじんのおびの3つを選ぶのが特におすすめ。
補助技はビルドアップの優先度が高め。
先制ビルドアップで積むことで、火力をさらにあげつつ相手の物理アタッカーに対抗することが可能となる。
でんじはを採用する場合にはHPを削り、素早さに12振っておけば、麻痺最速ミミッキュに先制をとれるようになるのでおすすめ。
サブウェポンは格闘・炎・地の中から選び、苦手な鋼タイプの弱点をつけるようにしておきたい。

スポンサーリンク




目次にもどる

パワースワップ型タチフサグマ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520252004

性格:わんぱく(防御↑・特攻↓)
特性:いたずらごころ
道具:たべのこし
確定技:パワースワップ
優先技:リフレクター
選択技:ふいうち&DDラリアット・じゃれつく・ドレインパンチ

 多いじゃくてんほけん持ちや積み技持ちのポケモンに対抗するためのタチフサグマ。
相手ポケモンの能力値が上がっても、先制「パワースワップ」により、自身が能力上昇を奪うことができる。
基本的な立ち回りとしては先攻でリフレクターをして物理耐久を上げる。
その後、相手が積んで突破を狙ってきたらパワースワップで奪って反撃に出るといい。
相手が自身より速く、かつ弱点保険持ちが疑われるなら、わざと弱点をついて発動させ、
次ターンに能力変化を先制「パワースワップ」で奪うことで無効化できる。
ただし、特殊アタッカーには無力なので、別のポケモンで対抗する必要がある。
扱いは難しいはハマれば、能力を奪って相手パーティの崩壊も狙うことができる。

スポンサーリンク




目次にもどる

壁張り型タチフサグマ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
240040012

性格:わんぱく(防御↑・特攻↓)
特性:いたずらごころ
道具:ひかりのねんど
確定技:リフレクター・ひかりのかべ
優先技:でんじは
選択技:ソウルクラッシュORじゃれつく・イカサマ

 サポート型のタチフサグマ。
「リフレクター」と「ひかりのかべ」を張り、後続の無双を援護するのが基本。
素早さの高い相手には「でんじは」を撃ち込んで機能停止を狙うといい。
素早さに努力値を12振っており、麻痺最速ミミッキュ抜きの調整となっている。
選択技は特攻を下げられるタイプ一致技である「ソウルクラッシュ」が一番おすすめ。
物理アタッカーを仮想敵として重視するなら「イカサマ」でもいい。

スポンサーリンク




目次にもどる

タチフサグマのパーティメンバー考察

 タチフサグマを壁張り要員として使う場合にはダイマックスOR積みを行うエースポケモンを用意しておきたい。
壁張り用の場合でもそうでない場合でも、タチフサグマの弱点で使われることも多いはがね・フェアリー技に強い炎タイプを用意しておきたい。
目次にもどる

タチフサグマの対策

 ポケモン剣盾のタチフサグマは壁張り型が最も多い。
「かわらわり」を覚えているポケモンを用意しておけば、壁を破壊することができるので、タチフサグマ対策として役だつ。
また、特性「すりぬけ」を覚えているポケモンを後続に用意しておけば、壁を無視して攻撃が可能。
「すりぬけ」を持ち使用率も高いポケモンとしてはドラパルトがいるが、
タチフサグマ自身には不利なので注意が必要。

スポンサーリンク




ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!