スポンサーリンク




シンボラー育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 シンボラーは第5世代で登場したポケモンだ。
ポケモン剣盾(ソードシールド)での育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計
シンボラー7258801038097490

タイプ:エスパー・飛行
4倍弱点:なし
2倍弱点:電気・氷・岩・ゴースト・悪
1/2軽減:草・エスパー
1/4軽減:格闘
効果なし:地面

特性:ミラクルスキン
   マジックガード
   いろめがね(隠れ特性)

シンボラーの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
いろめがねスカーフ型
ダイジェット型
サイコシフト型
パーティメンバー考察
対策
目次にもどる

シンボラーの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のシンボラーはエスパー・飛行の複合タイプを持つ。
合計種族値は高くないが、特攻と素早さが高めで使わない攻撃は低いなど配分はいい。
特性の「マジックガード」と「いろめがね」がどちらも強力。
サブウェポンは氷、草、霊、悪、鋼、妖、炎、岩、電気と異常に揃っており、攻撃範囲が非常に広い。
「さいみんじゅつ」、「トリック」、「サイコシフト」など優秀な補助技も多数覚える。
アタッカー型からサポート型まで考えられ、相手に行動が読まれづらいのは利点。
 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではダイマックスが追加されたのが追い風。
タイプ一致「ダイジェット」により、素早さを上げながら攻撃することが可能となった。
一方で自身が飛行タイプであるため、「ダイサイコ」によるサイコフィールドの恩恵は受けられないので注意。
ゴーストタイプのミミッキュ、ドラパルト、悪タイプのサザンドラ、オーロンゲなど
シンボラーの苦手なポケモンが環境に増えている点には注意が必要だ。
目次にもどる

シンボラーの特性

 ミラクルスキン
(相手の変化技の命中する確率が50%より大きい場合、命中率が50%になる。)

 マジックガード
(攻撃以外ではダメージを受けない。)

 いろめがね(隠れ特性)
(相手に半減される技のダメージが2倍になる。)

考察
 「いろめがね」と「マジックガード」の優先度が高い。
「いろめがね」であればタイプ一致技のエスパー技と飛行技だけで、全てのポケモン相手に等倍がとれるようになる。
素早さを何らかの手段で上げて先制をとれば、どんな相手でも一撃は等倍以上でダメージを与えられるので強力。
また、相手が不利と考え交代した場合も、交代先に負荷をかけられる可能性が高くなるのも利点。
 「マジックガード」も強力。
いのちのたまの反動ダメージを受けずに攻撃することができる。
毒、火傷、やどりぎのタネ、天候、設置技によるダメージも防ぐことができる。
 「ミラクルスキン」は優先度低め。
変化技の命中率が50%になるだけで、確実に避けられるわけではない。
全く役に立たない特性というわけではないが、「いろめがね」と「マジックガード」が優秀なので、
選びづらい特性と言える。
目次にもどる

シンボラーの技考察

特殊技
技名タイプ威力命中効果備考
サイコキネシス90100特防10%↓タイプ一致技。威力と命中が安定しているメインウェポン。
サイコショック80100相手の特防でなく防御でダメージ計算する。タイプ一致技。相手の特殊受けに刺さる。
アシストパワー20100自分の能力ランクが1段階上がるごとにこの技の威力が20上がる。タイプ一致技。自身で積み技を用いる場合や「バトンタッチ」を味方に使ってもらう場合に有効なメインウェポン。
エアスラッシュ飛行7595ひるみ3割威力は低めだが3割ひるみが強力で素早いシンボラーとの相性がいい。ダイジェット用としても使える。
ねっぷう9590火傷10%威力があり、命中は少し不安だが、エスパーと飛行半減の鋼に刺さる。
れいとうビーム90100氷10%威力と命中が安定しているサブウェポン。ただし撃ちたい相手は意外と少ない。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%相手を素早さ低下させ、次ターンでの素早さ逆転を狙える。
エナジーボール90100特防↓10%威力と命中が安定している。水タイプや地面タイプに刺さる。
シャドーボール80100特防↓20%威力は低めだが命中安定のサブウェポン。同じエスパーや環境に多いゴーストに刺さる。
あくのはどう80100怯み20%威力は低めだが命中安定。素早さを上げれば怯みも活かしやすくなる。
ラスターカノン80100特防↓10%威力は低めだが命中安定。苦手な岩に刺さる。
マジカルシャイン80100なし威力は低めだが命中安定。苦手な悪に刺さる。
げんしのちから60100自身全ての能力↑10%威力が低く使いづらい。
チャージビーム5090特攻↑70%威力が低いが追加効果が強力。ただし命中率と追加効果発動率が不安。

物理技
技名タイプ威力命中効果備考
そらをとぶ901001ターン目に空を飛び2ターン目に攻撃。タイプ一致技。攻撃が低いため威力は期待できないが、相手ダイマックス時のターン稼ぎに使える。

補助技
技名タイプ命中効果備考
でんじは90相手を麻痺状態にする。サポート技。高速アタッカーに対しても素早さ逆転を狙うことができる。
さいみんじゅつ60相手を眠らせる。効果は非常に強力であるものの、命中率が非常に不安。
トリック100自分と相手の持ち物を入れ替える。こだわり系アイテムを相手に押し付けて、機能停止を狙っていくといい。
めいそう-自身の特攻・特防↑若干火力が足りないのでこの技で補ってやるといい。
コスモパワー100自身の防御・特防↑物理耐久と特殊耐久の両方を高めることができる。
ふきとばし-相手ポケモンをランダムに交代させる。強制流し手段。みがわりやまもるを貫通し、積み技対策にもなる。
サイコシフト100自身の状態異常を相手に移し、自分は治る。マジックガード+かえんだまと相性がいい技。
おいかぜ-4ターンの間、味方の素早さを2倍する。自身の素早さを補い味方サポートにもなる。
はねやすめ-HP半分回復。高速回復技。先手で使う場合耐性変化に注意しよう。
リフレクター-物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。自身の物理耐久を更に高められ、味方サポートにもなる。
ひかりのかべ-特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。自身の特殊耐久を更に高められ、味方サポートにもなる。
スキルスワップ-自分と相手の特性を入れ替える。相手が強特性を持っている場合はこの技で奪ってやるといい。
じゅうりょく-敵味方の命中率1.6倍サポート技。
目次にもどる

いろめがねスカーフ型シンボラー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
44002520212

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)
特性:いろめがね
道具:こだわりスカーフ
確定技:エアスラッシュ・サイコキネシスORサイコショック
選択攻撃技:ねっぷう・れいとうビーム・エナジーボール・シャドーボール・あくのはどう・ラスターカノン・マジカルシャイン
選択補助技:トリック

 こだわりスカーフで素早さを補うシンボラー。
素早さ212振り無補正でドラパルト抜きに調整されたポケモンまで抜くことができる。
特性は「いろめがね」で確定。
タイプ一致技だけで多くの相手に等倍がとれ、技が固定されて困る場面を減らすことができる。
技は「エアスラッシュ」とエスパー技は確定。
多くの相手に先制がとれるので「エアスラッシュ」による3割怯みを活かしやすい。
技スペースに余裕があるので場合によってはサイコキネシスとサイコショックの両方を採用しても構わない。
タイプ一致技があればほとんど困らないので、残りの技の自由度は高い。
自身のパーティとも相談してシンボラーで倒さねばならない相手を考えて技を決めよう。
個人的には「こだわりスカーフ」を押し付けて耐久型を機能停止させられる「トリック」と、
環境に多いゴーストに刺さり、怯み20%も活かせることが多い「あくのはどう」がおすすめだ。
目次にもどる

ダイジェット型シンボラー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
4002520252

性格:おくびょう(素早さ↑・攻撃↓)
特性:マジックガード
道具:いのちのたま
確定技:エアスラッシュ・サイコキネシスORサイコショック
選択攻撃技:ねっぷう・れいとうビーム・エナジーボール・シャドーボール・あくのはどう・ラスターカノン・マジカルシャイン
選択補助技:めいそう

 ダイジェットで素早さを上げて戦うシンボラー。
使用率がそこそこあるオノノクスと同速なので、素早さ252振り補正ありで最速にするのが推奨。
ダイジェット後はほとんどのポケモンを抜くことができる。
持ち物はダイマックス時の火力も上げられる「いのちのたま」がおすすめ。
特性は「いのちのたま」による反動ダメージを受けずにすむ「マジックガード」で確定。
技はダイジェット用の「エアスラッシュ」とダイサイコ用のエスパー技は確定。
残りの技は自身のパーティとも相談してシンボラーで倒さねばならない相手を考えて決めよう。
エスパー技と飛行技を半減する鋼タイプに刺さる「ダイバーン」を撃てるようになる「ねっぷう」の優先度が高い。
ダイマックスする前に火力を上げられる「めいそう」を覚えさせるのも選択肢。
目次にもどる

サイコシフト型シンボラー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520400252

性格:おくびょう(素早さ↑・攻撃↓)
特性:マジックガード
道具:かえんだま
確定技:サイコシフト
選択攻撃技:サイコキネシス・エアスラッシュ・ねっぷう・れいとうビーム・エナジーボール・シャドーボール・あくのはどう・ラスターカノン・マジカルシャイン
選択補助技:はねやすめ・ふきとばし・リフレクター・ひかりのかべ・コスモパワー・めいそう

 かえんだまで自身が火傷状態になり、その火傷を「サイコシフト」で相手に移すシンボラー。
使用率がそこそこあるオノノクスと同速なので、素早さ252振り補正ありで最速にするのが推奨。
「おにび」と異なり命中100%で火傷状態にできるのが利点。
特性「マジックガード」であれば火傷によるダメージを受けずにすむ。
火傷状態になっている間は他の状態異常対策もできるのが利点。
他の技は攻撃用として「エアスラッシュ」と「サイコキネシス」のどちらかは覚えておきたい。
自身を長持ちさせる「はねやすめ」や相手を強制交換させ複数の相手に火傷を撒きやすくなる「ふきとばし」の優先度も高い。
目次にもどる

シンボラーのパーティメンバー考察

 シンボラーの弱点は電気、氷、岩、ゴースト、悪と多い。
これらに強いポケモンをパーティに入れておきたい。
おすすめは悪・鋼タイプのキリキザンで氷、岩、ゴースト、悪を半減でき、電気も等倍にできる。
キリキザンの4倍弱点である格闘をシンボラーは4分の1にでき、2倍弱点の地面もシンボラーは無効にできる。
シンボラー+キリキザンはかなり相性がいい組み合わせと言える。
この2体でカバーしきれない電気や炎に強いドラゴンタイプを3体目に入れるとバランスの良いチームになる。

目次にもどる

シンボラーの対策

注意点
・特攻と素早さが高めの特殊アタッカー。

・ダイジェットで攻撃しながら抜き性能を上げてくる。

・「マジックガード」で状態異常ダメージや天候ダメージを無効化し、「いのちのたま」もデメリットなしで使ったり、「かえんだま」+「サイコシフト」で火傷を狙ってくることもある。。

・特性「いろめがね」で一貫性が高くなっており、「いろめがね」でなくとも豊富なサブウェポンで弱点をついてくる。

・様々な型が考えられ、シンボラーの行動が読みづらい。

対策方法
 シンボラーは地面技を覚えないので電気タイプのポケモンであれば、弱点をつかれにくい。
ヒートロトムであれば「かえんだま」+「サイコシフト」による火傷も無効にできる。
素の素早さも特攻もそこまで高いわけではない。
素早さについては「こだわりスカーフ」か「ダイジェット」を使って補ってくることが多い。
こちらがスカーフ持ちでシンボラーより速いポケモンを使えば有利になる。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!