スポンサーリンク



ペリッパー育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 ペリッパーは第3世代から登場しているポケモンだ。
「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ペリッパー6050100957065440

タイプ:水・飛行
4倍弱点:電気
2倍弱点:
1/2軽減:炎・水・格闘・虫・鋼
1/4軽減:なし
効果なし:地面

特性:ふゆう

ペリッパーの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
特殊アタッカー型
こだわりスカーフ型
きあいのタスキ型
パーティメンバー考察
対策

スポンサーリンク




目次にもどる

ペリッパーの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のペリッパーは第3世代から登場している水・飛行タイプのポケモン。
合計種族値は低く、高めの特攻と防御以外はどうしようもないレベル。
だが、特性「あめふらし」により、水技の威力強化とぼうふう必中化が可能で、攻撃性能が高い。
耐久や素早さを努力値振りや道具で補い、上手く運用できるかが重要となる。
 ポケモン剣盾(ソードシールド)で追加されたダイマックスが厄介。
ダイマックス技を使えば多くのポケモンが簡単に天候の書き換えを行うことができてしまう。
しかも鈍足のペリッパーは先制されやすく、先にダイマックス技で天候を変えられてしまうと、
水技も「ぼうふう」も弱体化してしまう。
 第7世代よりも慎重な立ち回りが求められ、逆風が強い。
ただ、ポケモン剣盾(ソードシールド)ではニョロトノは未登場。
よって、場に出るだけで雨を降らせるペリッパーは雨パにとっては貴重な存在。
活躍できる場はあるポケモンと言える。

スポンサーリンク




目次にもどる

ペリッパーの特性

 するどいめ
(命中率を下げられない。相手の回避率上昇を無視して攻撃できる。)

 あめふらし(隠れ特性)
(天候が雨になる。)

考察
 「あめふらし」の優先度が極めて高い。。
水技の威力向上、「ぼうふう」の必中など攻撃面が大幅に強化される上、
雨パを組んでいる場合は、場に出るだけで味方サポートにもなる。
非常に強力な特性なので、これを選ばないことはありえない。
 「するどいめ」はいくら何でも弱すぎる。
相手が回避率上昇やこちらの命中率低下を狙ってくることは少ない。
しかも、「あめふらし」のアナウンスがない時点で「するどいめ」だとばれてしまう。
「するどいめ」を活かせることはまずないと言えるので選ぶ価値はない。


スポンサーリンク




目次にもどる

ペリッパーの技考察

特殊技
技名タイプ威力命中効果備考
ハイドロポンプ11080なしタイプ一致技。威力は高いが命中不安定。。
なみのり90100なしタイプ一致技。威力と命中が安定している。
ねっとう80100火傷30%タイプ一致技。威力は低いが追加効果が物理アタッカーに刺さる。
ぼうふう飛行11070混乱30%タイプ一致技。威力が高いが命中が低い。だが天候が雨なら必中。
こごえるかぜ11070素早さ↓100%味方サポート。素早さ逆転も狙えるかもしれない。
れいとうビーム11070素早さ↓100%味方サポート。素早さ逆転も狙えるかもしれない。


スポンサーリンク




物理技
技名タイプ威力命中効果備考
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退できる。雨天候を後続に渡すことができる。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。威力には全く期待できないがタスキをつぶせる。
はたきおとす65・97100相手が道具を持っている場合威力増加し相手の道具を持っていない状態にできる。威力は期待できないが相手の道具を落せる。

補助技
技名タイプ命中効果備考
おいかぜ-4ターンの間、味方の素早さを2倍する。自身の素早さを補い味方サポートにもなる。
はねやすめ-HP半分回復。先手で使うと相手攻撃時に飛行タイプが失われる。電気技が2倍ですみ岩が弱点ではなくなるが草技2倍なので注意。
こうそくいどう-素早さ↑↑。素早さ逆転を狙える。
たくわえる-防御↑・特防↑。足りない耐久を補強することができる。
あまごい-天候を雨にする。相手に天候を変えられた場合にこの技を使えば再度雨にできる。



スポンサーリンク




目次にもどる

特殊アタッカー型ペリッパー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520425200

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)・れいせい(特攻↑・素早さ↓)
特性:あめふらし
道具:しめったいわ・こだわりメガネ・いのちのたま・とつげきチョッキ
確定技:ハイドロポンプORなみのりORねっとう・ぼうふう
選択攻撃技:れいとうビーム・こごえるかぜ・でんこうせっか・とんぼがえり・はたきおとす
選択補助技:おいかぜ・はねやすめ・こうそくいどう・たくわえる

 そこそこある特攻と「あめふらし」による火力増加を活かし特殊アタッカーとして戦うペリッパー。
道具は雨サポートするなら「しめったいわ」、自身の火力を優先するなら「こだわりメガネ」が特におすすめ。
水技と「ぼうふう」は決まりだが、残りの技構成は自由度が高い(逆に言えば有力な技が少ない)。
「こごえるかぜ」や「おいかぜ」をするなら仮想敵にあわせて素早さを調整しよう。
例えば、素早さ172振り無補正で「おいかぜ」使用後にドラパルト抜きができるようになる。
攻撃技を選ぶなら、フライゴンオンバーンに刺さる「れいとうビーム」、
タスキ潰しができる「でんこうせっか」、ダメージを与えて撤退しつつ、雨天候を後続にわたせる「とんぼがえり」などが候補となる。
特に相手のほうが素早い場合はダイマックス技による天候変化に十分注意して立ち回りをすること。

スポンサーリンク




目次にもどる

こだわりスカーフ型ペリッパー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
4042524244

性格:おくびょう(素早さ↑・特攻↓)
特性:あめふらし
道具:こだわりスカーフ
確定技:ハイドロポンプORなみのりORねっとう・ぼうふう
選択攻撃技:とんぼがえり・れいとうビーム・はたきおとす

 素早さを「こだわりスカーフ」で補い高い火力で先制攻撃を狙うペリッパー。
素早さに補正をかけ244を振ることで120族抜きとなる。
使用率がそこそこ高いインテレオンエースバーンを抜くことができる。
ペリッパーは遅いイメージがあるので奇襲性が高く、
先制できる相手が多いことで、最初の一撃は雨天候を維持して攻撃しやすいのが利点。
ただし、相手も特性のアナウンスがあるポケモンだった場合、
その表示順でこだわりスカーフ持ちだとばれる可能性がある点には注意が必要。

スポンサーリンク




目次にもどる

きあいのタスキ型ペリッパー

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
4002520252

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)・おくびょう(素早さ↑・攻撃↓)
特性:あめふらし
道具:しめったいわ・こだわりメガネ・いのちのたま・とつげきチョッキ
確定技:ハイドロポンプORなみのりORねっとう・ぼうふう・とんぼがえり
選択技:おいかぜ・あまごい・こごえるかぜ・でんこうせっか・はたきおとす

 「きあいのたすき」により低い耐久を補い、雨パエースにつなぐことを意識したペリッパー。
相手のほうが速い場合は後攻とんぼがえりで、雨天候のままエースにつなぐ。
こちらのほうが速いなら雨天候で高火力の水技または「ぼうふう」2発で相手を仕留める。
選択技は高速アタッカーに対しても素早さ逆転が可能で味方サポートにもなる「おいかぜ」の優先度が高め。
相手の天気書き換えに備え「あまごい」も選択肢となる。

スポンサーリンク




目次にもどる

ペリッパーのパーティメンバー考察

 ペリッパーの弱点は電気と岩。
よって、この2タイプに強い地面タイプのポケモンをパーティメンバーに入れておいたほうがいい。
また、「あめふらし」による雨天候を利用できるポケモンもパーティに入れておきたい。
例えば、ウオノラゴンであれば、電気も岩も弱点ではなく、雨天候で更なる超火力を発揮できる。

目次にもどる

ウォッシュロトムの対策

注意点
・そこそこある特攻に加え、「あめふらし」により水技の火力が高く、「ぼうふう」も必中。
・「とんぼがえり」により攻撃しつつ、雨天候のまま撤退して後続エースにつなげてくる。
・「おいかぜ」によるサポートも強力。

対策方法
 ペリッパーは能力値が低く、特殊耐久は致命的に低く、4倍弱点持ち。
弱点をついた電気技はもちろん、ペリッパーよりも速い特殊アタッカーであれば等倍でも押し切れる。
こちらのほうが速いならダイマックス技で天候を変えてやれば、ペリッパーは水技と「ぼうふう」の性能が落ち、アタッカーとして弱体化する。
ナットレイであれば水技を半減し飛行技も等倍で受けられる。

スポンサーリンク




ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
ウオノラゴン育成論
  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!