スポンサーリンク



ウォッシュロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 ウォッシュロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。
「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ウォッシュロトム506510710510786520

タイプ:水・電気
4倍弱点:なし
2倍弱点:草・地面
1/2軽減:炎・水・氷・飛行
1/4軽減:
効果なし:なし

特性:ふゆう

ウォッシュロトムの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
特殊アタッカー型
こだわりメガネ型
こだわりスカーフ型
パーティメンバー考察
対策

スポンサーリンク




目次にもどる

ウォッシュロトムの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のウォッシュロトムは第4世代から登場している水・電気タイプのポケモン。
特性「ふゆう」により実質弱点は草タイプのみで、半減以下のタイプは5つという優秀な耐性を持つ。
防御・特攻・特防が高く、素早さもそこそこある強力なポケモン。
水・電気技に加え変化技も豊富であり、いくつもの型が考えられ、相手からは読まれにくい。
 ポケモン剣盾(ソードシールド)で追加されたダイマックスとも相性はいい。
ハイドロポンプの命中率の低さが弱点だったが、「ダイストリーム」をすることで補うことができる。
 一方でポケモン剣盾(ソードシールド)で数を増やしている「かたやぶり」ドリュウズには
特性「ふゆう」を無視され「じしん」で一撃で倒されてしまうので注意が必要だ。

スポンサーリンク




目次にもどる

ウォッシュロトムの特性

 ふゆう
(地面タイプの技を受けない。)


考察
 「ふゆう」のおかげで弱点を1つ減らすことができており、タイプと特性の相性が非常に良い。
ただし、「かたやぶり」には貫通されてしまうので注意が必要。
特性「ふゆう」で浮いてしまっており、各種フィールドの効果の恩恵は受けられないのは欠点。
一方で、「ねむる」を使う場合エレキフィールドやミストフィールド下でも発動できるのでメリットにもなりえる。




スポンサーリンク




目次にもどる

ウォッシュロトムの技考察

特殊技
技名タイプ威力命中効果備考
ハイドロポンプ11080なしタイプ一致技。威力は高いが命中不安定。ポケモン剣盾では「ダイストリーム」を撃つことで命中率を補えるようになった。
10万ボルト90100麻痺10%タイプ一致技。威力と命中が安定している。「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。
かみなり11070麻痺30%タイプ一致技。威力は高いが命中不安。だが、「ダイストリーム」で雨を降らす前提なら強力。
ほうでん80100麻痺30%タイプ一致技。威力は低いが命中が安定している。耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。
ボルトチェンジ70100自身が交代タイプ一致技。交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。
あくのはどう80100ひるみ20%威力は低いが命中が安定している。ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。
シャドーボール80100特防↓20%威力は低いが命中安定。環境に多いゴーストに刺さる。
たたりめ65・130100状態異常の相手に威力倍増「「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。

物理技
技名タイプ威力命中効果備考
イカサマ95100相手の攻撃の値でダメージ計算する。自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。


スポンサーリンク




補助技
技名タイプ命中効果備考
でんじは90相手を麻痺させる。地面を呼びづらいので決まりやすい。「ちくでん」「ひらいしん」には注意。
おにび85相手を火傷させる。命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。
トリック100自分と相手の持ち物を入れ替える。こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。
リフレクター-物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。もちろん味方サポートとしても強力。
ひかりのかべ-特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。もちろん味方サポートとしても強力。
ねむる-HP全回復・状態異常回復。2ターンの間眠る。カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。



スポンサーリンク




目次にもどる

特殊アタッカー型ウォッシュロトム

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520025204

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)
特性:ふゆう
道具:オボンのみ・とつげきチョッキ・たべのこし
確定技:ハイドロポンプ・ボルトチェンジ
優先技:おにび
選択技:10万ボルトORかみなり・イカサマ・あくのはどう・シャドーボール・イカサマ・でんじは

 火力と耐久を上げて、特殊アタッカーとして戦うウォッシュロトム。
技は「ハイドロポンプ」と「ボルトチェンジ」は確定。
残りの技構成としては「おにび」の優先度が高い。
鈍足物理アタッカーを先制で火傷にすることで、相手攻撃によるウォッシュロトムの被害を抑えつつ機能停止できる。
残り1枠は交代せず電気技を撃ちたいのなら、「10万ボルト」。
攻撃範囲を広げたいなら他の技を選ぼう。
補助技を使うつもりならどうぐは「オボンのみ」が一番おすすめ。
特殊受けをしたいなら「とつげきチョッキ」を持たせてフルアタにするのもいい。
 ダイマックスをするつもりなら「10万ボルト」ではなく「かみなり」の採用も選択肢。
「ダイサンダー」の威力が10高くなり、
「ダイストリーム」で雨天候にしておけば、ダイマックス終了後も「かみなり」が必中となる。

スポンサーリンク




目次にもどる

こだわりメガネ型ウォッシュロトム

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520025204

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)
特性:ふゆう
道具:こだわりメガネ
確定技:ハイドロポンプ・ボルトチェンジ
選択技:10万ボルト・あくのはどう・シャドーボール・トリック・おにび

 「こだわりメガネ」で火力を上げ、有利な相手に繰り出し、相手の交代先に負荷をかけていくウォッシュロトム。
技は「ハイドロポンプ」と「ボルトチェンジ」は確定。
技が変えられないので「ボルトチェンジ」を撃つ場合、地面タイプが怖い。
水技があるので出てくることは少ないが相手の後続をある程度把握した上で撃っていきたい。
残り2枠の技構成は交代せず電気技を撃ちたい場合の、「10万ボルト」の優先度がやや高い。
補助技としては「こだわりメガネ」を押しつけられる「トリック」が有力だが、
特殊アタッカーに押し付けてしまうと危険。
相手が特殊アタッカーかもしれないと思った場合や交代される可能性を考えた場合は使用を控えたい。

スポンサーリンク




目次にもどる

こだわりスカーフ型ウォッシュロトム

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
60042524188

性格:おくびょう(素早さ↑・特攻↓)
特性:ふゆう
道具:こだわりスカーフ
確定技:ハイドロポンプ・ボルトチェンジ
優先技:あくのはどうORシャドーボール
選択技:10万ボルト・トリック・おにび

 「こだわりスカーフ」で先制で攻撃や補助技を使うウォッシュロトム。
素早さに補正をかけ188振ることで最速ドラパルトをぎりぎり抜ける。
電気技と水技を半減するドラパルトの弱点をつける「あくのはどう」と「シャドーボール」の優先度が高い。
個人的には怯み効果があり、本来勝てない相手も勝てる可能性がある「あくのはどう」のほうがおすすめ。
残りの技選択は悩ましい。
交代せず攻撃できる「10万ボルト」、
耐久型の相手を機能停止できる「トリック」、物理アタッカーを先制で機能停止できる「おにび」のいずれも候補。

スポンサーリンク




目次にもどる

ウォッシュロトムのパーティメンバー考察

 ウォッシュロトムの弱点である草技と「かたやぶり」による地面技に強いポケモンをパーティメンバーに入れたい。
例えば、リザードンであれば、草を4分の1、地面を無効にできるので相性がいい。

目次にもどる

ウォッシュロトムの対策

 ウォッシュロトムは火力・耐久・素早さがどれもそこそこある。
よって、努力値や道具補正により高火力型にもなれば、高機動型にもなる。
与えたダメージや受けたダメージをみれば、努力値振りや道具がある程度予想できる。。
ウォッシュロトムはめざめるパワーが廃止されたおかげで氷タイプの技が使えない。
よって、水・電気技を半減でき、弱点をつける草タイプなら安定して戦える。
ドラゴンタイプも水・電気を半減できるので戦いやすい。

スポンサーリンク




ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
リザードン育成論
  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!