スポンサーリンク



カットロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 カットロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。
「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
カットロトム506510710510786520

タイプ:電気・草
4倍弱点:なし
2倍弱点:炎・氷・毒・虫
1/2軽減:水・草・鋼
1/4軽減:
効果なし:なし

特性:ふゆう

カットロトムの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
特殊アタッカー型
こだわりスカーフ型
パーティメンバー考察
対策

スポンサーリンク




目次にもどる

カットロトムの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のカットロトムは第4世代から登場している唯一の電気・草タイプのポケモン。
防御・特攻・特防が高く、素早さもそこそこある。
高い特攻に加え、高威力技のリーフストームが撃てるので、撃ち逃げ性能が高い。
防御・特防が高いが、HPが低いのでそれほど耐久が高いわけではない。
炎・氷・毒・虫と弱点が多いため一撃で倒されることがないよう注意したい。
草タイプであり、厄介な「キノコのほうし」、「ねむりごな」、「やどりぎのタネ」を防げるのは長所。
また、水半減の電気タイプなので対水タイプ性能も高い。
電気タイプは4分の1ダメージに抑えられるので、電気タイプ対策としても強力。
 ポケモン剣盾(ソードシールド)では強化されたギャラドス、新ポケモンのウオノラゴン・インテレオンなど強力な水アタッカーが多い。
カットロトムが役割を持てる機会が増えていると言える。
また、ダイマックスが追加されたことで、「リーフストーム」を「ダイソウゲン」として撃って居座るという
新たなる選択肢が生まれた。

スポンサーリンク




目次にもどる

カットロトムの特性

 ふゆう
(地面タイプの技を受けない。)


考察
 地面技は等倍だが「ふゆう」で無効にすることができる。
ただし、「かたやぶり」には貫通されてしまうので注意が必要。
特性「ふゆう」で浮いてしまっており、各種フィールドの効果の恩恵は受けられないのは欠点。
一方で、「ねむる」を使う場合エレキフィールドやミストフィールド下でも発動できるのでメリットにもなりえる。




スポンサーリンク




目次にもどる

カットロトムの技考察

特殊技
技名タイプ威力命中効果備考
リーフストーム13090特攻↓↓タイプ一致技。高い威力を持ち撃ち逃げに向く。
10まんボルト90100麻痺10%タイプ一致技。威力と命中が安定している。「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。
かみなり11070麻痺30%タイプ一致技。威力は高いが命中不安。
ほうでん80100麻痺30%タイプ一致技。威力は低いが命中が安定している。耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。
ボルトチェンジ70100自身が交代タイプ一致技。交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。
あくのはどう80100ひるみ20%威力は低いが命中が安定している。ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。
シャドーボール80100特防↓20%威力は低いが命中安定。環境に多いゴーストに刺さる。
たたりめ65・130100状態異常の相手に威力倍増「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。

物理技
技名タイプ威力命中効果備考
イカサマ95100相手の攻撃の値でダメージ計算する。自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。


スポンサーリンク




補助技
技名タイプ命中効果備考
でんじは90相手を麻痺させる。地面を呼びづらいので決まりやすい。「ちくでん」「ひらいしん」には注意。
おにび85相手を火傷させる。命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。
トリック100自分と相手の持ち物を入れ替える。こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。
リフレクター-物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。もちろん味方サポートとしても強力。
ひかりのかべ-特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。もちろん味方サポートとしても強力。
わるだくみ-自身の特攻↑↑。火力を倍増できる積み技。半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。
ねむる-HP全回復・状態異常回復。2ターンの間眠る。カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。



スポンサーリンク




目次にもどる

特殊アタッカー型カットロトム

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520025204

性格:ひかえめ(特攻↑・攻撃↓)
特性:ふゆう
道具:いのちのたま・こだわりメガネ・とつげきチョッキ
確定技:リーフストーム・10万ボルトORかみなり
選択攻撃技:ボルトチェンジ・イカサマ・あくのはどう・シャドーボール・イカサマ
選択補助技:おにび・でんじは・わるだくみ

 HPと特攻に振り、特殊アタッカーとして戦うカットロトム。
「リーフストーム」の撃ち逃げが基本となるので、持ち物は火力を上げられるものがおすすめ。
ダイマックスするつもりがないなら「こだわりメガネ」でもいいが、ダイマックスする可能性が高いなら「いのちのたま」を持たせたい。
特殊アタッカー相手に繰り出しやすくなる「とつげきチョッキ」も選択肢。
 技は撃ち逃げ用の「リーフストーム」と電気技は確定。
残りの攻撃技の選択肢としては、
攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」、ドラパルトに刺さる「イカサマ」OR「あくのはどう」OR「シャドーボール」のどれかを選ぶといい。
「いのちのたま」採用であれば「イカサマ」で攻撃252振りドラパルトは一撃で倒せるのでおすすめ。
補助技も物理アタッカーに刺さる「おにび」、素早さ逆転が狙える「でんじは」、火力を倍増できる「わるだくみ」など有用で
ボルトチェンジの代わりに入れてもいい。
草技を連射したい場面や居座りしたい場面ではダイマックスしてダイソウゲンを撃つという立ち回りが可能。

スポンサーリンク




目次にもどる

こだわりスカーフ型カットロトム

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
60042524188

性格:おくびょう(素早さ↑・特攻↓)
特性:ふゆう
道具:こだわりスカーフ
確定技:リーフストーム・ボルトチェンジ
優先技:あくのはどうORシャドーボールORイカサマ
選択技:10万ボルト・トリック・おにび

 「こだわりスカーフ」で先制で攻撃や補助技を使っていくカットロトム。
素早さに補正をかけて188振ることで最速ドラパルトをぎりぎり抜くことができる。
撃ち逃げ用のリーフストームと、スカーフと相性がいいボルトチェンジは確定。
他の技は電気技と草技を半減するドラパルトの弱点をつける「あくのはどう」、「シャドーボール」、「イカサマ」の優先度が高い。
個人的には怯み効果があり、本来勝てない相手も勝てる可能性がある「あくのはどう」を選ぶのがおすすめだ。
残りの技は自由枠となる。
交代せず攻撃できる電気技となる「10まんボルト」、
耐久型の相手にスカーフを押し付け機能停止できる「トリック」、物理アタッカーを先制で機能停止できる「おにび」などが選択肢となる。

スポンサーリンク




目次にもどる

カットロトムのパーティメンバー考察

 カットロトムの弱点は炎・氷・毒・虫。
この4つのタイプを1体のポケモンで止めるのは無理。
水タイプや鋼タイプのポケモンをパーティに入れて、相手パーティにあわせてカットロトムの相棒を適切に選べるようにしておこう。

目次にもどる

カットロトムの対策

注意点
・火力・耐久・素早さがそこそこあり、カスタマイズ性が高い。
・リーフストーム+火力アイテムによる火力が高い。
・攻撃範囲がそこそこ広く、スカーフ型だと上から叩かれる。

対策方法
 カットロトムは火力・耐久・素早さがどれもそこそこある。
与えたダメージや受けたダメージをみれば、努力値振りや道具を予想していこう。
ポケモン剣盾(ソードシールド)ではめざめるパワーが廃止されており、めざパ氷はない。
よって、草技と電気技を半減できるドラゴンタイプや草タイプであれば安定して受けられる。

スポンサーリンク




ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!