スポンサーリンク



バンバドロ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

 
 バンバドロは第7世代から登場しているポケモンだ。
「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
バンバドロ100125100558535500

タイプ:
4倍弱点:なし
2倍弱点:水・草・氷
1/2軽減:毒・岩
1/4軽減:なし
効果なし:電気

特性:じきゅうりょく
   マイペース
   すなのちから(隠れ特性)

バンバドロの育成論目次

性能考察
特性考察
技考察
物理受け型
物理アタッカー型
ボディブレス型
パーティメンバー考察
対策

スポンサーリンク




目次にもどる

バンバドロの性能

 ポケモン剣盾(ソードシールド)のバンバドロは第7世代から登場した単地面タイプ。
高いHP、攻撃、防御を持ち、同じ単地面タイプのカバルドンと同傾向の能力値を持つ。
カバルドンに比べるとやや攻撃的で、攻撃種族値が13上回るが、HP種族値が8、防御種族値は18劣る。
だが、特性「じきゅうりょく」により攻撃を受けるだけで物理耐久が伸びるため、物理耐久もある意味カバルドン以上。
特に連続技を受けると防御力が跳ね上がるため、「つららばり」や「タネマシンガン」には弱点にもかかわらず非常に強い。
特殊耐久も高めとなっており、使わない特攻が低く素早さも徹底的に低いなど、種族値配分がとてもいい。
耐久力は高いがカバルドンの「なまける」のような高速再生技を覚えないのが唯一の弱点。
 第8世代では耐久力を更に上げられるダイマックスが有力な選択肢となった。
また、物理アタッカーが増加しており、「じきゅうりょく」が活かせる場面も増えている。
使用率は高くないが強力なポケモンと言える。

スポンサーリンク




目次にもどる

バンバドロの特性

 じきゅうりょく
(ダメージを受けたときにぼうぎょが1段階アップする。)

 マイペース
(混乱状態にならない。「いかく」を無効化にする。)

 せいしんりょく(隠れ特性)
(怯まない。「いかく」を無効化する。)

考察
 「じきゅうりょく」の優先度が高い。
攻撃を受けるだけで防御が1段階上がる強力な特性であり、特に物理アタッカーに対し強く出られるようになる。
「マイペース」や「せいしんりょく」も「いかく」を無効化できるようになり、以前よりは強力だが、
「じきゅうりょく」が優秀すぎるため、選ぶ価値はない。


スポンサーリンク




目次にもどる

バンバドロの技考察

物理技
技名タイプ威力命中効果備考
じしん100100なしタイプ一致技で威力と命中が安定している。
10まんばりき9595なし基本性能ではじしんに劣るが、グラスフィールドで威力が下がらない。
じだんだ75100技失敗の次ターンは威力2倍タイプ一致技。じわれを失敗した後は強力なメインウェポンとなる。
ヘビーボンバー40~120100自分の重さと相手の重さの比率で威力変動。フェアリーに刺さる。自身が920kgと最高峰の重さなので威力に期待できる。
いわなだれ7595ひるみ30%威力が低めで命中率も100ではない。地面が効かない飛行に刺さる。バンバドロの低い素早さではひるみは活かしずらい。
がんせきふうじ6095素早↓100%威力は低いが追加効果が高速アタッカーに刺さるので使いやすい。
インファイト120100自身の防御・特防↓威力が高く命中安定だが耐久が下がるのが痛い。
ばかちから120100自身の攻撃・防御↓威力が高く命中安定だが、火力が下がるので連射しづらい。
けたぐり20~120100相手の重さによって威力が変わる。命中安定でデメリットもないが、相手によって威力が変わり安定しない。
ボディブレス80100攻撃の代わりに防御でダメージ計算。「じきゅうりょく」で防御力を上げられるので高相性。
しっぺがえし50・100100後攻で威力2倍環境に多いゴーストに刺さる。鈍足とも相性がいい。ボディブレス主軸で戦うなら優先度は高い。
カウンター-100優先度-5。物理攻撃を受けた場合ダメージを2倍して返す。物理耐久を活かして耐え、相手に大打撃を与えられる。
がむしゃら-100相手とのHP差分ダメージ。「こらえる」とあわせて使うといい。
からげんき70・140100状態異常で威力倍増。火傷での火力低下を防ぐことができる。
じわれ-30一撃必殺。どうしようもない相手に。起点化阻止。火傷でのアタッカー性能の喪失も補える。


スポンサーリンク




補助技
技名タイプ命中効果備考
ステルスロック-相手が交代するたびに(最大HPの1/8×岩に対する相性)のダメージを与える。サポート技。「ほえる」で相手を強引に流すといい。
みがわり-HPの4分の1を使って身代わりをつくる。交代読みや補助技対策に。
ほえる-相手ポケモンをランダムに交代させる。強制流し手段。みがわりやまもるを貫通し、積み技対策にもなる。
てっぺき-自身の防御↑↑。高い物理耐久を更に強化できる。
ねむる-2ターン眠り状態。全回復。「カゴのみ」とあわせて使うといい。
まもる-そのターンに守る状態となり、受ける技を全て無効化。ダイマックスした相手へのターン稼ぎや「たべのこし」で回復するために有効。
こらえる-先制で使え、瀕死になる攻撃を受けてもHPが1残る。「がむしゃら」とあわせて使ったり、ダイマックスした相手への時間稼ぎとして使える。



スポンサーリンク




目次にもどる

物理受け型バンバドロ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520252004

性格:わんぱく(防御↑・特攻↓)
特性:じきゅうりょく
道具:たべのこし・カゴのみ・回復木の実・ゴツゴツメット
確定技:じしん
優先技:ほえる
選択攻撃技:ボディブレス・がんせきふうじ・ヘビーボンバー・しっぺがえし・カウンター・じわれ・からげんき
補助技:ステルスロック・ねむる・ほえる・てっぺき・みがわり・まもる

 高い物理耐久と「じきゅうりょく」を活かして物理受けをするバンバドロ。
ドヒドイデと同速なので素早さに4振るのがおすすめだが、トリックルームを使うOR対策するなら素早さに振らず最も遅くするのも選択肢となる。
道具は「ねむる」を入れないなら「たべのこし」や回復木の実を持たせて回復できるようにしておきたい。
無振りでも高めの攻撃を活かせる「じしん」と積み技での突破を阻止する「ほえる」はほぼ確定。
 残りの技構成は攻撃技としては「じきゅうりょく」による防御上昇を活かせる「ボディブレス」と
地面技が効かない飛行タイプに刺さる「がんせきふうじ」の優先度が高い。
 補助技は飛行に特に刺さり、サイクル戦になった場合に相手に負荷をかけられ、「ほえる」との相性もいい「ステルスロック」がおすすめ。
また、カゴのみを持たせて「ねむる」でHP回復をするのも選択肢となる。
「ボディブレス」を採用するなら、防御を能動的に上げられる「てっぺき」も候補となる。
 ダイマックスをするのも有力な選択肢。
通常状態では耐えられないほどの火力による攻撃でも耐えて、「じきゅうりょく」により物理耐久を強化できる。
ダイアースで特殊耐久も強化することができる。

スポンサーリンク




目次にもどる

物理アタッカー型バンバドロ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2522520004

性格:いじっぱり(攻撃↑・特攻↓)
特性:じきゅうりょく
道具:オボンのみ・とつげきチョッキ・ゴツゴツメット・カゴのみ
確定技:じしん
選択攻撃技:ヘビーボンバー・がんせきふうじORいわなだれ・インファイトORボディブレス・しっぺがえし・カウンター・じわれ・からげんき
補助技:ステルスロック・ねむる・ほえる・てっぺき・みがわり・まもる

 高い攻撃を活かして物理アタッカーとして運用するバンバドロ。
道具は「オボンのみ」であれば「じきゅうりょく」での防御上昇とあわせて耐えられる回数が増えやすく、
「とつげきチョッキ」であれば特殊アタッカーとも撃ちあえるようになる。
 残りの技構成は攻撃技としてはフェアリーに刺さる「ヘビーボンバー」と
地面技が効かない飛行タイプに刺さる「がんせきふうじ」の優先度が高い。
突破できない相手用OR火傷にされた時用に「じわれ」を覚えさせるのも面白い。
 ダイマックスをするのも有力な選択肢。
単純に火力を上げられ、通常では耐えられない攻撃にも耐えて「じきゅうりょく」により物理耐久を強化できる。
ダイアースで特殊耐久も強化することができる。

スポンサーリンク




目次にもどる

ボディブレス型バンバドロ

努力値
HP攻撃防御特攻特防素早
2520252004

性格:わんぱく(防御↑・特攻↓)
特性:じきゅうりょく
道具:カゴのみ・たべのこし・回復木の実・ゴツゴツメット
確定技:ボディブレス・てっぺき
優先技:ねむる
選択攻撃技:しっぺがえし・がんせきふうじORいわなだれ・じしん・ヘビーボンバー・カウンター・じわれ・からげんき
補助技:ステルスロック・ほえる

 高い物理耐久と「じきゅうりょく」を活かし「ボディブレス」で反撃するバンバドロ。
「ボディブレス」と能動的に防御を上げられる「てっぺき」は確定。
積んだ後の回復手段として「ねむる」を使い道具は「カゴのみ」にしておくのがおすすめ。
残りの技1つは格闘技無効のゴーストを狩るための「しっぺがえし」の優先度が高め。
それ以外は岩技を覚えさせるか、タイプ一致の「じしん」、どうにもならない相手用の「じわれ」など候補。

スポンサーリンク




目次にもどる

バンバドロのパーティメンバー考察

 バンバドロのパーティメンバーとしてはリザードンが優れている。
リザードンの弱点である電気・岩をバンバドロであれば受けることができる。
バンバドロの弱点である草はリザードンで受けられる。
水タイプの技が2体とも弱点となるので3体目のメンバーは水に強いポケモンがいい。
一応、バンバドロでもリザードンのダイバーンで天候を晴れにしていればある程度対応可能。

目次にもどる

バンバドロの対策

注意点
・種族値配分がよく高い火力と耐久力を併せ持つ。
・「じきゅうりょく」により特に物理アタッカーに対して強い。
・物理受け・物理アタッカー・ボディブレス型・ステロ撒きなど様々なことができ、読みづらい。

対策方法
 特に物理耐久は高く、「じきゅうりょく」もある上に積んでも「ほえる」で流されてしまう。
よって、できれば特殊アタッカーで攻めたい。
水・草・氷の特殊アタッカーで2回攻撃すれば倒しきれることが多いので対策として有効。
居座ってくるので「どくどく」も有効だが、「ねむる」で回復される場合もあるので過信はしないように。
火傷にして物理アタッカーとして機能停止させるのもいいが、「ボディブレス」や「じわれ」に要注意。


スポンサーリンク




ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(頭文字別)まとめへ戻る。
ポケモン剣盾(ソードシールド)育成論(タイプ別)まとめへ戻る。
リザードン育成論

  ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。

page topから各メニューを選択!